終戦後の東京で生きる娼婦たち描く「セブンガールズ」再上映決定

190

劇団・前方公演墳の舞台を映画化した「セブンガールズ」が、12月8日より東京・UPLINKで再上映される。

「セブンガールズ」ポスタービジュアル

「セブンガールズ」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全25件)

9月に封切られた本作は、終戦直後の東京で米兵に体を売る娼婦たちの物語。前方公演墳の主宰デビッド・宮原が監督を務め、坂崎愛堀川果奈安達花穂河原幸子藤井直子斉藤和希樋口真衣広田あきほ斉藤みかん上田奈々らが出演している。なお本作は出演者たちが自らロケ地を探し、セットを組み、8カ月のリハーサルを経て完成にこぎつけた。

この記事の画像・動画(全25件)

リンク

(c)セブンガールズ映画化実行委員会 / 劇団前方公演墳