映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

丸1年かけて四季の移ろいを撮影した「おかえり、ブルゴーニュへ」冒頭映像

42

「おかえり、ブルゴーニュへ」

「おかえり、ブルゴーニュへ」

フランス・ブルゴーニュ地方を舞台とするヒューマンドラマ「おかえり、ブルゴーニュへ」の冒頭約3分の映像が、YouTubeにて公開された。

ワイン醸造家だった父親の死をきっかけに、10年ぶりに再会した3人の子供たちの悲喜こもごもを描いた本作。「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュが監督を務め、ピオ・マルマイアナ・ジラルドフランソワ・シヴィルがキャストに名を連ねた。

このたび公開された冒頭映像は、ブルゴーニュの四季折々の風景を実際に1年追いかけながら撮影したもの。毎週同じ時間に同じ場所から2本の桜の木を写した52枚の写真と動画を中心に構成されている。さらにぶどう畑を継げという父親に反抗し、“世界を見るため”にかつてブルゴーニュを飛び出した主人公ジャンが、10年後に故郷へ戻ってくる様子も収められた。

「おかえり、ブルゴーニュへ」は、明日11月17日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次ロードショー。

(c)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

映画ナタリーをフォロー