三浦春馬がバーテンダーに、東野圭吾の小説「ダイイング・アイ」ドラマ化

801

三浦春馬が主演を務める「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」が、2019年3月よりWOWOWプライムで放送される。

「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」

「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」

大きなサイズで見る(全2件)

東野圭吾の同名小説をもとにする本作は、1件の交通事故と、とっさの判断が引き起こす悪夢の連鎖を描くサスペンス。三浦演じるバーテンダー・雨村慎介はかつて相手を死亡させる交通事故を起こしたが、ある事件によって自分に関する記憶の一部を失っている。ある日、彼の前に、人間離れした美しさを持つ謎の女性・瑠璃子が登場。彼女と会ったことをきっかけに、慎介は狂気と苦悩の世界に迷い込んでいく。「連続ドラマW 片想い」の吉田紀子が脚本を担当。「おにいちゃんのハナビ」、ドラマ「居酒屋ふじ」の国本雅広が監督を務める。

現在YouTubeでは特報が公開中。全6話となる「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」は、毎週土曜22時よりオンエアされる。

連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」

WOWOWプライム 2019年3月放送スタート 毎週土曜 22:00~
※第1話は無料放送

三浦春馬 コメント

脚本を読んだ感想

息もつかせぬ展開に原作同様、早く次の回が見たいと思えました。

雨村慎介を演じるうえで挑戦したこと

初めてバーテンダーの役を頂いたので、監修の水澤さんの元でしっかり基礎から教えていただきました。カクテルを作らなければならないシーンを迎えるまで、友人のバーで許可を得て実際にバーカウンターでカクテルを毎晩のように作らせてもらいました。今では、カクテルを作ることがとても楽しく、個人的に作り続けたいと思うほどにまでなりました(笑)。

視聴者へのメッセージ

この作品は、罪の意識が極限まで増幅した時、魔が心に棲みついた時を妖艶、且つ、スリリングに描いています。保身と、贖罪で揺れ動く登場人物達のサイコミステリー。是非ご期待ください。

この記事の画像・動画(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

三浦春馬のほかの記事

リンク

関連商品

(c)WOWOW

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 三浦春馬 / 国本雅広 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。