映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「仮面ライダージオウ」主演は表参道X・奥野壮、犬飼貴丈や飯島寛騎ら先輩陣も出演

9310

奥野壮

奥野壮

平成仮面ライダー第20弾「仮面ライダージオウ」の製作発表会見が、本日8月7日に東京都内にて開催され、メインキャストの奥野壮押田岳大幡しえり渡邊圭祐が登壇した。

9月2日からテレビ朝日系にて放送される「仮面ライダージオウ」は、“時計”をモチーフに時空を旅する“タイムトラベルライダー”。2018年秋、王になることを夢見る2000年生まれの主人公のもとへ、2068年からタイムマシンに乗って来た少女ツクヨミが訪れ「未来のアナタこそが、いずれ世界を破滅させる魔王にして時の王者“ジオウ”になる」と告げる。仮面ライダージオウに変身する運命にある主人公は、歴代平成仮面ライダーと出会いながら、過去、現在、未来を救うための戦いを繰り広げていく。

本日行われた会見では、メインキャストが発表された。第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞を受賞した17歳の奥野(男劇団 青山表参道X)が演じるのは、2000年生まれの高校3年生で、進路指導でも「王様」になると言ってしまう主人公・常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウ。天才なのか天然なのかは不明だが、「なんか行ける気がする」といってなんでもやってのけるポジティブな人物だ。ツクヨミから魔王になることを告げられてもあっさり受け入れ、人々の幸せを実現する王様となるためにジオウとして戦う決意をする。

そして第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリに輝き、映画「一礼して、キス」「サムライせんせい」などに出演した21歳の押田が扮するのは、未来から来た戦士・明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツ。2068年にレジスタンスとして魔王と戦っていたが、魔王が覚醒する前にソウゴの命を奪おうと2018年の世界へやって来る。ツクヨミに「ソウゴが本当に魔王になるのか見守る必要がある」と説得され、彼女とともにソウゴが住む“クジゴジ堂”に居候することとなる。

ドラマ「監獄のお姫さま」「ヒモメン」に参加した19歳の大幡は、未来から来た少女であるヒロイン・ツクヨミを演じる。ゲイツを追って2018年の世界を訪れ、ソウゴを抹殺するのではなく、彼が魔王の力を手に入れないよう働きかける。

1993年生まれ、宮城県出身の24歳・渡邊は、謎の予言者ウォズ役で出演。50年後の未来から来たウォズは突然ソウゴの前に現れ、未来を予見するような言葉をつぶやいては姿を消すというミステリアスなキャラクターを演じる。

またソウゴの大叔父であり、時計店“クジゴジ堂”店主・常磐順一郎を演じるのは生瀬勝久。時計専門のはずが電化製品などなんの修理でも引き受けてしまうお人好しで、のびのび生きるソウゴを見守るという役どころだ。このほか「仮面ライダージオウ」には、魔王に代わる新たな王を擁立し、歴史を変えようとたくらむ集団・タイムジャッカーとして、ウール役で板垣李光人、オーラ役で紺野彩夏、スウォルツ役で兼崎健太郎が出演する。

さらに会見では、この「仮面ライダージオウ」に、「仮面ライダービルド」桐生戦兎役の犬飼貴丈と万丈龍我役の赤楚衛二、「仮面ライダーエグゼイド」宝生永夢役の飯島寛騎と鏡飛彩役の瀬戸利樹が参加することもアナウンスされた。歴代キャラクターたちは、自分たちに都合のいい人間と契約し、魔王候補・アナザーライダーを生み出そうとするタイムジャッカーとの関わりの中で登場する。例えば2017年の世界に現れたタイムジャッカーは、戦兎の力を奪って歴史を変え、別の人間をビルドにしようと画策。しかしその人間はビルドになる力が足りず、怪人ライダー“アナザービルド”となり、ソウゴたちと戦うこととなる。

なお映画ナタリーでは、会見の詳細レポートを追って掲載する。

※記事初出時、キャラクター名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

※関連記事はこちらから
「仮面ライダージオウ」主演・奥野壮、先輩ライダーの助言は「覚悟したほうがいい」

(c)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

映画ナタリーをフォロー