映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柄本佑や井浦新、片桐はいりが「生き方を教えてくれた映画。」語るムック発売

380

明日7月11日にマガジンハウスムック「& Premium特別編集 映画が教えてくれること。」が発売される。

「パリ、テキサス」のナスターシャ・キンスキーが表紙を飾る本誌では、ファッション、インテリア、食事などさまざまなテーマで映画を紹介。「生き方を教えてくれた映画。」には、俳優の柄本佑井浦新片桐はいり、映画監督の横浜聡子、ミュージシャンの曽我部恵一ジム・オルーク、作家の柴崎友香や戌井昭人、マンガ家の渡辺ペコらが人生に影響を与えた1本を語っている。

ほかに& Premiumの公式サイトで連載されている「極私的・偏愛映画論。」が誌面に登場。マンガ家・コラムニストの渋谷直角など30人が与えられたテーマに添ってコラムを執筆している。「ドキュメンタリーが教えてくれる『いま』。」では、ドキュメンタリー映画18本の紹介が掲載された。

& Premium特別編集 映画が教えてくれること。

マガジンハウス 2018年7月11日(水)発売
価格:1296円

映画ナタリーをフォロー