映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

パトレンジャー奥山かずさ、一日警察署長に!パトレン1号&2号と父伝授の敬礼披露

5872

中央左からパトレン1号、奥山かずさ、パトレン2号。

中央左からパトレン1号、奥山かずさ、パトレン2号。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で明神つかさ / パトレン3号を演じる奥山かずさが、港北警察署一日警察署長に就任。本日7月8日に神奈川・トレッサ横浜にて「夏の交通事故防止運動・振り込め詐欺撲滅キャンペーン」に登壇した。

自己紹介ののちに敬礼を決めた奥山。実は父が警視庁勤務の元警察官であることから「パトレンジャーキャストに決まったときも、敬礼などを喜んで教えてくれました。父の影響で私も小さい頃から警察官に憧れていて、大学に進学するか警察学校に行くか迷っていたくらい。今日こんな形で、いきなり署長になれたのですごく光栄です」と笑顔で話す。

青森県出身の奥山は、宮城・仙台の大学へ通っていた頃にスカウトされ、20歳で芸能界に足を踏み入れた。「自分はずっと警察官や公務員になるものだと思っていたので、人生の転機になりました」と当時を振り返る。また学生時代は野球やソフトボールに励んでいた奥山は、尊敬する人物を聞かれると「イチロー選手が大好きです。努力家のイチロー選手を見て、私もすごく励まされました。努力は報われるんだと思いながら、学生時代を過ごしました」と語った。

交通事故防止に関するトークの中では、奥山がかつて事故に遭いかけたエピソードも明らかに。「青森ではいつも自転車で走り回っているような子供だったんですが、一度トラックと正面衝突しそうになったことがあって。ハンドルを切って助かったんですが、そのときしていたヘルメットがぶつかって、ひび割れていました。ヘルメット、ありがとう!という気持ちです」と来場者にもヘルメット着用を呼びかける。そのほか奥山が観客へ運転免許の自主返納を勧めたり、振り込め詐欺撲滅のための標語を読み上げる一幕もあった。

中盤に、奥山がソフトボールで鍛えたバットスイングを披露すると、客席から大きな拍手が。そしてパトレンジャーの仲間としてステージに駆けつけたパトレン1号とパトレン2号を、奥山は敬礼で迎える。パトレン1号を「同期の朝加圭一郎です。警察学校が一緒だったんだよね」と、パトレン2号を「私たちの後輩で、人懐っこくて大型犬のように付いてきてくれる(陽川)咲也くんです」と紹介した。そしてドラマの宣伝も兼ねて「3人でいつもルパンレンジャーを追いかけて、かつギャングラーを殲滅するために日々がんばっています。みなさんぜひ、ルパンレンジャーよりパトレンジャーをごひいきに、よろしくお願いします!」とアピール。新作映画「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」については「劇中では圭一郎とルパンレッドがさらわれてしまいます。レッド不在の私たちでどうがんばるかが見どころです!」とファンへ語りかけた。

イベント後に奥山は、囲み取材に参加。普段は朝加圭一郎役の結木滉星や陽川咲也役の横山涼とともにイベントへ登壇することが多いため「普段は1人という機会がなくて、ちょっと不安はありました。でもそれを2人に伝えたら、『いいな、なんで1人だけなんだ』『俺たちも出たいから行くわ』と言われて(パトレン1号と2号として)来てくれたんですが(笑)」と仲間とのやりとりを明かす。続けて「できることなら、3人でこういう警察関係のイベントにも出演していきたい」と夢を語った。

最後に女優としての目標を聞かれると、奥山は「これがデビュー作なので、これからいろいろな役を演じて、女優として活躍していきたいと思います。あと、実はミステリーハンターになりたいと思っていて(笑)。いろいろなところを回って、リポートをしてみたいなという思いを秘めています」と野望を明かした。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」は、「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」とともに8月4日より全国ロードショー。

(c)劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)2018 テレビ朝日・東映 AG・東映

映画ナタリーをフォロー