映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

細田守が「金曜ロードSHOW!」新オープニング制作、「映画1本作る意気込み」

1090

細田守

細田守

細田守が日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」の新たなオープニング映像を手がけることが明らかに。7月20日の放送でお披露目される。

スタジオジブリが制作した“映写機おじさん”など、1985年の放送開始からこれまでさまざまな作品が飾ってきた同番組のオープニング。7月20日に最新作「未来のミライ」の封切りを控える細田が、自身が率いるスタジオ地図のスタッフとともに新たなオープニング映像を生み出した。

「猫の恩返し」「東のエデン 劇場版」などで知られる森川聡子がキャラクターデザイン、山崎貴の監督作に参加してきた上條安里が美術設定、「バケモノの子」「未来のミライ」の大森崇が美術監督、細田や大根仁の監督作などで活躍する伊賀大介が衣装を担当。また高木正勝が新たにオープニングテーマを書き下ろす。

「本当に映画1本作るくらいの意気込み」でオープニングの制作に取り組んだという細田。映画と人との出会いの入口となるような映像を心がけたそうで「その出会いをきっかけにして映画館に行ったり、いろいろな映画を観たり。出会いは『金曜ロード』というようになればいいなと思います」とコメントしている。

インスピレーションを受けた映画としては、主人公の女性が劇中映画から飛び出したキャラクターと恋に落ちるという筋書きのウディ・アレン監督作「カイロの紫のバラ」を挙げた。そして「エジプトのカイロで秘密のプライベート映画サロン・映画祭を主催している女性支配人がいるという設定です。その秘密の映画祭には世界中の映画の主演女優たちがいて、サロンを仕切る女性支配人が入ってきた若い女の子を『待ってたわ』と振り返るような……。手招きして導いてくれるようなそういう導入が出来たら面白いだろうなと想像しました」とイメージの一端を明かしている。

7月20日の「金曜ロードSHOW!」は細田の「時をかける少女」をオンエア。翌週は「バケモノの子」が放送される。

金曜ロードSHOW!「時をかける少女」

日本テレビ系 2018年7月20日(金)21:00~22:54

金曜ロードSHOW!「バケモノの子」

日本テレビ系 2018年7月27日(金)21:00~23:19

映画ナタリーをフォロー