映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

重岡大毅と神山智洋が恋敵に…「宇宙を駆けるよだか」主題歌流れる予告到着

3098

ジャニーズWEST重岡大毅神山智洋がダブル主演を務めるNetflixオリジナルドラマ「宇宙を駆けるよだか」のポスタービジュアルと予告編が完成。またジャニーズWESTの新曲「アカツキ」が本作の主題歌に決定した。

川端志季の同名マンガを原作とした「宇宙を駆けるよだか」は、抜群にかわいい女子高生・小日向あゆみと容姿にコンプレックスを抱えるクラスメイト・海根然子の体が入れ替わってしまったことから始まるサスペンスラブストーリー。重岡演じる火賀俊平、神山演じる水本公史郎というあゆみの幼なじみ2人も交えて物語が展開していく。あゆみ役は「3月のライオン」の清原果耶、然子役は「あさひなぐ」の富田望生が務めた。

予告編には、2人の入れ替わりに気付いた火賀が「どんな姿しててもわかるよ」と優しく声をかける姿や、「俺が好きなのはあゆみちゃんの顔だ。だからこのまま海根さんと付き合うことにした」と冷たく言い放つ公史郎のセリフ、そして公史郎が火賀を屋上から落とそうとする場面などが主題歌に乗せて収められている。

本作のキーとなる赤い月をモチーフとした書き下ろし主題歌「アカツキ」について、重岡は「歌詞にも“レプリカ”みたいなドラマにリンクするワードが入っていますし、作品に合っていますね」、神山は「4人のどのキャラクター視点でも聴ける曲だと思います」とコメントをつづった。

「宇宙を駆けるよだか」は全6話構成で、8月1日よりNetflixにて全世界配信スタート。

重岡大毅 コメント

まずは曲名が「アカツキ」と聞いてびっくり! 歌詞にも“レプリカ”みたいなドラマにリンクするワードが入っていますし、作品に合っていますね。“外見か、中身か”というテーマに迫っていくストーリーで、サスペンス要素あり、どんでん返しもあり、ハラハラ観られるし、見た後に自分なりの思いが沸き上がってくると思います。是非主題歌と一緒に楽しんでいただきたいです!

神山智洋 コメント

作詞家の方が、原作を読んで書き下ろしてくださったので、ストーリーやキャラクターにリンクしていますね。火賀、公史郎、あゆみ、然子の4人に共通しているのは、みんな誰かが好きだということですが、「アカツキ」は、そんな4人のどのキャラクター視点でも聴ける曲だと思います! ファンの方はもちろん、僕たちの演技を初めてご覧になる方にも、この世界に入り込んでいく僕らの姿を見て楽しんでいただきたいです。

(c)川端志季/集英社 (c) 「宇宙を駆けるよだか」製作委員会

映画ナタリーをフォロー