映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

久本雅美×板野友美「イマジネーションゲーム」上海でのプレミア決定、寺島進も出演

573

「イマジネーションゲーム」

「イマジネーションゲーム」

久本雅美板野友美がダブル主演を務めた「イマジネーションゲーム」が「2018上海・日本映画週間」にてワールドプレミア上映されることが決定した。

キャリアも経済力も手にした独身女性・真紀子と、若くして家庭に入ったものの自身の将来を見失った葵が出会い、それぞれの人生を見つめ直していく本作。真紀子役の久本は「還暦をむかえる年に、レッドカーペットを歩けるなんて本当に夢のようです」、葵役の板野は「この映画のテーマは『女性の幸せとは』だと考えており、これは日本だけではなく、全世界の女性へ向けられるものだと思います」とコメントしている。第21回上海国際映画祭の正式イベントである「2018上海・日本映画週間」は、6月16日から25日まで中国・上海にて開催。「イマジネーションゲーム」は初日の16日に上映される。

また、本作の追加キャストも解禁された。刑事の盛岡靖を演じるのは寺島進。葵の夫・池内勉に田中幸太朗が扮する。さらに、真紀子の部下・白石久美子役で仙石みなみが出演。YouTuberユニット・カリスマブラザーズが本人役で登場するほか、長州小力水橋研二東ちづる小沢仁志が出演していることもわかった。

畑泰介が監督を務めた「イマジネーションゲーム」は、7月28日より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国で順次ロードショー。

久本雅美 コメント

私にとって初めての国際映画祭への参加となります。
還暦をむかえる年に、レッドカーペットを歩けるなんて本当に夢のようです。
公式上映が決定となり改めて、監督、スタッフ、共演者の方々に支えられたことを心より感謝致します。
日中平和友好条約40周年の節目にこのような機会を頂いたこと光栄に思い、映画という芸術文化の交流が更にたくさん増えることを願っております。

板野友美 コメント

この映画のテーマは「女性の幸せとは」だと考えており、これは日本だけではなく、全世界の女性へ向けられるものだと思います。
そのような映画だからこそ、海外映画祭に出品が決まってとても嬉しいですし、たくさんの方々にこの作品を観ていただきたいです。
そして、この作品に関わる全ての方の想いを胸に代表する形で参加できたらと思っています。

(c)「イマジネーションゲーム」製作委員会

映画ナタリーをフォロー