映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

永瀬廉が「うちの執事が言うことには」でメガネの御曹司に、神宮寺勇太も出演

5900

左から永瀬廉、神宮寺勇太。

左から永瀬廉、神宮寺勇太。

高里椎奈の小説「うちの執事が言うことには」が実写映画化。King & Prince永瀬廉神宮寺勇太が出演することがわかった。

本作は、社交界の名門の御曹司であり留学先のイギリスから帰国したばかりのメガネ男子・烏丸花穎(からすまかえい)と、突然家督を継ぐことになった彼に執事として仕える青年・衣更月蒼馬(きさらぎそうま)が陰謀に立ち向かう物語。Netflixオリジナルドラマ「火花」や「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の久万真路が監督を務める。

花穎役で映画初主演を務めることになった永瀬は「不安もありますが、脚本を何度も読み込んでいるうちに楽しみという気持ちが日に日に大きくなっていき、撮影するのが待ち遠しいです」とコメント。名門・赤目家の御曹司で、大学生ながらスイーツ店のオーナーでもある赤目刻弥(あかめときや)を演じる神宮寺は「赤目刻弥という役は、主人公の花穎に親しみを持って近づいていくお兄ちゃん的存在でありながら、実はミステリアスで謎が多いキャラクターです。また、花穎役がメンバーの永瀬廉なので、普段から本人に優しく接してみたり、冷たく接してみたりして、役づくりをしています」と述べている。

「うちの執事が言うことには」の撮影は5月中旬から6月下旬に関東近郊で実施。2019年に全国で公開される。

永瀬廉 コメント

この話を頂いたときはビックリしましたが、とても嬉しかったです。初主演という事で不安もありますが、脚本を何度も読み込んでいるうちに楽しみという気持ちが日に日に大きくなっていき、撮影するのが待ち遠しいです。
今回、僕が演じさせて頂く花穎という人物は、一見わがままのようでいて、とても優しい人間です。また、色彩感知能力が高いという少し変わった能力を持ち合わせています。父親の命で突然当主となり、初めは息の合わない執事ともいくつものトラブルを解決しながら人として成長していき、優しさや温かい部分もしっかり表現出来たらと思います。久万監督としっかりコミュニケーションをとらせて頂く中で、監督が求めるものに応えていけるよう1シーン1カット、全力で挑んでいきたいと思います。共演者の皆様からもたくさんの事を吸収し、この作品を通して花穎と共に自分も成長していけるよう頑張ります。

神宮寺勇太 コメント

今回、出演のお話を頂いて、僕は映画が初めてだったので、とても嬉しかったです。僕が演じる赤目刻弥という役は、主人公の花穎に親しみを持って近づいていくお兄ちゃん的存在でありながら、実はミステリアスで謎が多いキャラクターです。また、花穎役がメンバーの永瀬廉なので、普段から本人に優しく接してみたり、冷たく接してみたりして、役づくりをしています。映画出演が初めてなので不慣れなことも多いですが、考えて考えて考え抜き、この赤目という役を演じていきたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてほしいです。

久万真路 コメント

永瀬君が持っている透明感と人懐っこさは、イノセントな花穎のイメージにピッタリです。初主演ということもあって、永瀬君の意気込みは相当なものです。しっかりとタッグを組んで、原作の魅力を越える皆さんの心に届く作品にしたいと思います。
さらに、物語のキーパーソンとなる赤目刻弥は、明るさの中に秘めたものがある役なので、神宮寺君が演じることでより深みを与えて魅力的なキャラクターにしてくれると思い、楽しみにしています。

高里椎奈 コメント

本は、本の形にして読者さんに届けて頂き、読んでくださる方がいて、初めて存在することができます。その上、更に多くの方に携わって頂き、映像という新たな形で表現して頂けることは光栄で、とても嬉しいです。ありがとうございます。威厳を持ちたいけれど自信のない新米当主が永瀬廉さんによってどんな表情を持つ主人公になるのか、一筋縄ではいかない人々と彼らの世界が再構築され、拝見できる日を楽しみにしております。

映画ナタリーをフォロー