映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ホテルで朝まで語り明かそうか…「仮面ライダービルド」熱狂のファウストナイト

2070

「『仮面ライダービルド』スペシャルイベント ファウストナイト」の様子。

「『仮面ライダービルド』スペシャルイベント ファウストナイト」の様子。

「『仮面ライダービルド』スペシャルイベント ファウストナイト」が、5月4日に東京・グランドプリンスホテル新高輪にて開催された。映画ナタリーでは、同公演の模様をネタバレを交えてレポートする。

第1部では、仮面ライダービルド、クローズ、グリス、ローグらが登場するスペシャルショーを展開。パンドラボックスを狙うショッカー軍団にビルドたちが立ち向かうというストーリーの中で、みーたんファンのショッカー戦闘員からグリスが“カシラ”と呼ばれ慕われる場面もあった。

そして第2部から、キャスト8人によるトークショーがスタート。「勝利の法則は決まった!」とポーズを決めて登場した桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役の犬飼貴丈に続き、万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役の赤楚衛二は「私は万丈龍我です」と第30話でのセリフを低い声で再現。石動美空役の高田夏帆が「みーんなのアイドル、みーたんだよっ!」と言うと観客からみーたんコールが起こり、猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役の武田航平は「心火を燃やしてぶっ潰す!」と気合いを入れる。内海成彰役の越智友己と滝川紗羽役の滝裕可里は「すべては難波重工のために!」と声をそろえ、氷室幻徳 / 仮面ライダーローグ役の水上剣星は会場にちなみ「隣のホテル……っていうかプリンスホテルで朝まで語り明かそうか」と観客を沸かせた。そしてこの日限りの登壇となるブラッドスターク / 石動惣一役の前川泰之がステージに現れると、一際大きな声援が。前川は「このイベントを楽しまないと、顔を変えちゃうからねー」と観客を脅かした。

現在のテレビシリーズではすっかり味方となったカズミンこと一海。同役の武田について、犬飼は「カシラと呼ばれるのがぴったりなくらいの兄貴肌。現場でも甘えてばっかりです」と語る。高田に「航平さんが入ってきてから、現場はアドリブ畑!」と言われ、武田は「そんな畑作ってねーよ、猿渡ファームは!」と即座に返す。見事なツッコミで拍手を受けたことから、武田は高田の肩を叩き「ありがとね」と感謝しつつ、「アドリブは役に寄り添っているからこそ出て来るもの。みんなビルドを愛してるんだなって思う」と真面目に続けた。

続いては、内海が幻徳を土下座させた第24話の話題へ。「今まで上司だった人にまさか土下座させるとは。過去に幻徳に撃たれた気持ちを思い出して演じました」と言う越智に対し、水上は「あの顔、一生忘れない。すごくいい顔してたぜ」と苦々しく回想。幻徳が内海をにらみつける劇中カットがスクリーンに映し出されると、赤楚が「これオフショットですよね?」と茶化して笑いを誘う。また水上が越智へ思うことを「ずっと飲みに誘ってるのにマジで来ない。役じゃなくてプライベートのほうも変わってほしい」と打ち明けたタイミングで、スクリーンに怒りの表情を浮かべる幻徳の写真が投影され、「誘いを断られたときの剣星さんの顔だ!」と爆笑が起こった。

さらに前川が役について語る中で「実はエボルトであることまでは、最初から聞いていた」と告白すると、共演者たちも驚愕。前川は「カフェでみんなと楽しく過ごすシーンでは、いかに本当の家族みたいに演じられるかを意識しました」「僕が悪くなればなるほど、ヒーローたちの愛や仲間意識が生きてくる。でもマスターの頃のお茶目なところは残していきたい」と役作りについて語る。さらに前川は、赤楚へ「万丈は一貫してバカ。リアクションとかを観てると『うわ、バカだな』って心から思える。それを演じられる赤楚衛二はバカなんじゃないか?」と直球で質問。このイベントの開始時間も1人だけ理解していなかったことを暴露され、犬飼から「日に日に万丈になってきてる」とまで言われた赤楚は「最終話の頃には万丈が赤楚を乗っ取ってるかもしれないです」と笑っていた。

後半には、各自が名シーンの写真を選び、チーム対抗でビルド愛をアピールする「ベストマッチトーク」のコーナーへ。水上は銭湯で湯に浸かる幻徳の写真を選び、武田は他キャストの場面写真に関係のないセリフを当ててボケを連発する。最終的に、正体がバレた石動と戦兎の雨の中のバトルや、父の嘘を見抜きながら笑顔を作る美空との親子の会話シーンを選んだ前川が、チームを勝利へと導く。また犬飼は第1話で戦兎と万丈が初めて出会った場面を選び、「これがなければビルドの物語は始まっていない。しかも第1話のタイトルは『ベストマッチな奴ら』ですから!」「実際に僕と赤楚が初めて2人で芝居したシーンなので、記憶に残っています」と感慨深げに振り返った。

そして終盤に、キャストたちが生変身を披露。前川が仮面ライダーエボルの変身音に続き「チャーオ!」と言うと、女性ファンから黄色い悲鳴が上がる。続く水上が前川と越智にCGを再現してもらいながら「大義のために犠牲となれ」というセリフを放ったほか、武田からは「心火を燃やして……全員同時に愛してやる!」と過去の出演作「仮面ライダーキバ」の紅音也の名言を盛り込むというファンサービスも。最後に犬飼が「皆さんの愛を感じつつ、僕らもビルドに精一杯愛を注いで、後半戦も全力で突っ走っていきます!」と締めくくろうとしたところで、赤楚が「ちょっといいですか!? あっちゃん、やり残したことない!?」と慌てて振る。「え、欲しい!?」とファンのリアクションを確認した犬飼が背中を向けると、客席から大歓声が。そして犬飼は振り返って「夜は焼肉っしょー!!」と佐藤太郎の名シーンを再現し、大熱狂のままにイベントは幕を閉じた。

なお本日5月5日に「『仮面ライダービルド』スペシャルイベント」第2夜を開催。2日間の模様を収録したDVDが、9月12日に発売される。会場もしくは5月11日までに東映ビデオのオンラインショップにて予約すると、スペシャルディスクが付いた限定予約仕様の商品が手に入る。また「劇場版 仮面ライダービルド(仮題)」は、8月4日より「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(仮題)」とともにロードショー。

映画ナタリーをフォロー