映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「シン・ゴジラ」脱出ゲームをアントニオ猪木がPR「国会はゴジラ退治より難しい」

224

「シン・ゴジラからの脱出」記者発表会の様子。左からアントニオ猪木、ゴジラ。

「シン・ゴジラからの脱出」記者発表会の様子。左からアントニオ猪木、ゴジラ。

シン・ゴジラ」と体験型エンタテインメント・リアル脱出ゲームのコラボ企画「シン・ゴジラからの脱出」が、明日4月26日より東京・新宿のTOKYO MYSTERY CIRCUSにて開催。本日4月25日に記者発表会が行われ、アントニオ猪木が出席した。

「シン・ゴジラからの脱出」は来場者がゴジラに対抗するための組織「巨大不明生物特設災害対策本部(略称:巨災対)」の一員となり、ゴジラを攻略するための謎や暗号を解き明かしてくもの。来場者は4人組のチームとなり60分の制限時間でゴジラ退治に挑戦する。

現在、2期目となる参議院議員を務める猪木は、開口一番「国会はゴジラ退治より難しい」と語り笑いを誘う。ゴジラに関する知識はあまりないようで「でも来た以上はがんばりますよ」と宣言。そしてゴジラのモノマネを披露しマスコミ陣を沸かせた。また自身が映画に出演するなら「ゴジラのお供になる」とポーズを決め、会場で販売されるフードの紹介が始まると「ワニの肉は食べたことあるけどゴジラのってあるの?」と反応する場面も。

また会見には特別ゲストとしてゴジラも登場した。ゴジラのテーマをバックにゆっくりと迫り来るゴジラと、一切ゴジラから目を離さず待ち受ける猪木。一触即発かと思いきや、猪木はまたもゴジラのモノマネを披露し“お供”に徹していた。続いて猪木はゴジラから出題された謎解きに挑戦。「17時を指す時計のイラスト」と「ら」の読みを問うクイズに、猪木は「ギブアップだな」と即答するも、MCにヒントをもらいながら「ゴジラ」という正解にたどり着いた。

猪木はゴジラに闘魂タオルをプレゼント。そして最後は猪木がおなじみの「1、2、3、ダー!」を披露し、それに呼応するようにゴジラが雄叫びを挙げ会見は幕を閉じた。「シン・ゴジラからの脱出」のチケットに関する詳細は、公式サイトで確認してほしい。会場では脱出ゲームのオリジナルグッズも販売される。

リアル脱出ゲーム対ゴジラ「シン・ゴジラからの脱出」

2018年4月26日(木)~ 東京都 TOKYO MYSTERY CIRCUS
前売り券:一般 3300円 / グループ(4人) 1万2000円
当日券:一般 3800円
※前売り券が完売した場合当日券の販売は行わない

TM&(c)TOHO CO., LTD.

映画ナタリーをフォロー