映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「誤判対策室」舘ひろしが古川雄輝を「新しい香りがする俳優」と称賛

324

「連続ドラマW 60 誤判対策室」完成披露舞台挨拶。左から星野真里、舘ひろし、古川雄輝、熊切和嘉。

「連続ドラマW 60 誤判対策室」完成披露舞台挨拶。左から星野真里、舘ひろし、古川雄輝、熊切和嘉。

本日4月23日、「連続ドラマW 60 誤判対策室」の完成披露舞台挨拶が東京・神楽座にて行われ、キャストの舘ひろし古川雄輝星野真里、監督の熊切和嘉が出席した。

石川智健によるミステリー小説を実写化した本作では、定年を控える刑事・有馬英治、若手弁護士・世良章一、検察官・春名美鈴の3名が所属する“誤判対策室”を舞台に、彼らが死刑囚を再調査し冤罪の可能性を探っていくさまが描かれる。

有馬を演じた舘は「よれた老刑事役をやらせていただきました。今までにない自分に出会った気がしていて、監督に大変感謝しております」と感謝を伝える。

世良役の古川は「本当に面白い作品で引き込まれますので、皆さん間違いなくWOWOWに加入することになると思います」とアピールして会場の笑いを誘い、春名役の星野は「女性のみならず男性もうらやむような素敵な男性お二人とともにぜいたくな時間を過ごさせていただきました」と挨拶。熊切は「5時間の映画を撮るつもりで気合いを入れて撮りましたので、楽しんでいただけたら幸いです」と述べる。

舘は役作りについて「監督にまず無精ひげを生やしてくれと言われて、楽しかったです。よれてる自分が好きでした」と笑顔でコメント。続いて熊切の演出を「要求が多いんですよ、本当に。長いセリフが得意じゃないので、なるべくワンカットは短くしてくださいって言ってるのにカットかけないんですよ」と訴えつつも、「すごく勉強になりました。(普段は)柔らかいんですけど、演出してるときは鬼のように『もう少しよれろ! もう少し酔っ払ってくれ!』と大変でした」と振り返る。さらに「ずっとたばこをやめてたんですけど、深々とうまそうに吸えと言われて吸いました」と明かした。

「弁護士役で、普段言わない言葉が多いので難しかったです」と語る古川は「生意気なことを言ったりするのですが、なぜそういうことを言うのかなかなかつかめなかった。監督と話し合って意見が一致したとき、握手を交わしてがんばろうと思いました」と述懐した。

共演者の印象を尋ねられたキャストたち。舘は古川を「初めて会うタイプという感じがして、新しい香りがする。透明感のある素晴らしい俳優さんだと思います。僕には絶対できないお芝居だなと思いますし、コンプレックスを感じさせるような俳優」と称賛し、「弁護士ですごく頭がよくて、お芝居が上から目線で(笑)」と冗談交じりに話す。古川は「上から目線に関しては役作りです(笑)。新しい香り……ありがとうございます」と恐縮しきりの様子。そんな古川は舘を「本読みで初めて会ってめちゃくちゃカッコいいな、すごいなと思いまして。現場でも気さくに話しかけてくれて優しい方です」と語った。

星野は舘について「人が惹かれてしまうのってこういう方なんだと日々感じています。ご自身で『僕はお芝居ヘタだよ、向いていないんだよ』とか平気でおっしゃられるんですけど、でもそのおかげで緊張がほぐれてやりたい芝居ができたりする」と述べる。そして、古川のことを「まずいい声だなと思い、見上げるとやたらと高いところに小さくてカッコいい顔があって」と表すと、舘がすかさず「上から目線でしょ?」と口を挟む。古川は「舘さん、もうやめてください!(笑)」と応酬し、会場を沸かせていた。

最後に舘は「本当に面白くて僕の中では今までにない作品。1話を観たら必ず最後まで観たくなる作品です」とメッセージを伝え、イベントは終了した。

「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」の高田亮が脚本を担当した「連続ドラマW 60 誤判対策室」は全5話で、5月6日よりWOWOWプライムにて放送。

連続ドラマW 60 誤判対策室

WOWOWプライム 2018年5月6日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全5話
※第1話は無料放送

映画ナタリーをフォロー