映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池松壮亮が「宮本から君へ」特別試写会に出席、俳優としての感情表現語る

293

池松壮亮(中央)

池松壮亮(中央)

本日4月4日、テレビドラマ「宮本から君へ」のテレビ東京新入社員特別試写会が東京・テレビ東京本社にて行われ、主演の池松壮亮、原作者の新井英樹が出席した。

「宮本から君へ」は、文具メーカー・マルキタの新入社員・宮本浩が恋や仕事に奮闘する姿を描く青春ドラマ。池松のほか柄本時生、星田英利、華村あすか、新名基浩、古舘寛治、高橋和也、浅香航大、酒井敏也、蒼井優、松山ケンイチが出演する。真利子哲也が監督と脚本を担当した。

本日の試写会にはエンディングテーマを担当するMOROHAの2人も参加。池松は、時間の都合で帰らなければならないMOROHAと入れ代わる形でイベントに出席した。池松が「(今日は)できれば来たくなかった(笑)。原作者である新井先生に会うのはやっぱり緊張するので」と心境を吐露すると、新井は「俺は今日もこんな(干し首が描かれた)シャツ着て来ちゃった」と会場の笑いを誘う。自身が演じた宮本について聞かれた池松は「自分は(宮本のように)なれなかったんですよ。なりたかった自分として役にチャレンジしてみようという気持ちが大きかったです」と明かした。

新入社員の1人から「自分の中でこれだけは曲げないと決めていることはありますか?」と尋ねられた池松。「僕自身は何もない」と述べ、「宮本として言うなら、傷つく覚悟。新井先生は“連戦連敗”という表現をされてましたけど、それだけ何回も戦える勇気が宮本の一番のセールスポイント。これはどんな世界にも通じると思います。それが宮本浩から皆さんへ伝われば」と回答する。泣く、怒る、笑うといった俳優としての感情表現に関する質問が飛ぶと、池松は「(感情表現には)今でも抵抗があるんですよ。そこに抵抗がないと伝えたいものも伝わらないというか、すごく下品なお芝居になってしまう気がしていて」と持論を伝えた。

そして池松は「このドラマが皆さんにとっての応援歌になればうれしいです」と新入社員にエールを送る。新井も「がんばってください!」と力強く語った。

「宮本から君へ」は4月6日より、テレビ東京系でオンエア。

※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

ドラマ25「宮本から君へ」

テレビ東京系 2018年4月6日(金)スタート 毎週金曜 24:52~

(c)「宮本から君へ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー