映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ママレード・ボーイ」吉住渉がイラスト描き下ろし、映画の感想は「泣けました」

1223

ココハナ5月号表紙(左)と裏表紙(右)。

ココハナ5月号表紙(左)と裏表紙(右)。

ママレード・ボーイ」原作者である吉住渉の描き下ろしイラストが、3月28日発売のココハナ5月号表紙に使用される。

桜井日奈子吉沢亮がダブル主演を務める「ママレード・ボーイ」は、互いの両親の離婚、そしてパートナーを交換しての再婚により、ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生・小石川光希と松浦遊の恋が描かれる。光希を桜井、遊を吉沢が演じ、“両親S”こと2人の親役で中山美穂檀れい谷原章介筒井道隆が出演。佐藤大樹EXILE、FANTASTICS)や優希美青も参加している。「ストロボ・エッジ」の廣木隆一がメガホンを取った。

現在、「ママレード・ボーイ」の13年後を描く「ママレード・ボーイ little」が連載されているココハナ。この描き下ろしイラストは、吉住が映画のポスターをイラストで再現したものだ。また同誌には別冊付録「映画『ママレード・ボーイ』SPECIAL FILM FAN BOOK」が付属。吉住による映画の撮影現場見学レポートや、吉住、桜井、吉沢のスペシャルトークなどが収録される。

先日映画の完成版を鑑賞した吉住は、「泣けました。まず茗子に泣かされ、続いて遊、光希にも。(原作者なのに恥ずかしいので、頑張って涙をこらえました)」と感想を述べる。吉沢へは「漫画ならいいけど実写だとどうかな?というようなセリフも、美しさと演技力で見事に成立させてくれていました」と、桜井へは「とにかく、とてもとても可愛かった! 三つ編みも、ショートパンツの全身姿も、ふっくら唇も、全編可愛さがあふれていました」とコメントを寄せた。

「ママレード・ボーイ」は4月27日より全国ロードショー。

吉住渉 コメント

泣けました。
まず茗子に泣かされ、続いて遊、光希にも。
(原作者なのに恥ずかしいので、頑張って涙をこらえました)

中山さん、檀さん、谷原さん、筒井さん。
ありえない設定の両親Sに「この人たちならありそう」な説得力を持たせてくれたのは、素敵な御四方ならではでした。
皆さんの演技のおかげで、作品に厚みが増したと思います。

優希さん。
スクリーンの茗子は、小柄でストレートヘアで可愛らしかったけど、芯が強くて情熱的なところは原作通りでした。もっとたくさん茗子となっちゃんが見たかったです。

佐藤くん。
お会いした時はワンコっぽくて可愛いと思いましたが、スクリーンの銀太は男らしくてかっこ良かったです。脚本を読んで笑顔を想像していたシーンで切ない表情をされていたのが新鮮で印象的でした。

吉沢くん。
漫画ならいいけど実写だとどうかな?というようなセリフも、美しさと演技力で見事に成立させてくれていました。「これ素じゃない?」と感じるシーンもちょいちょいあって、吉沢くんファンにはたまらないんじゃないでしょうか。

そして日奈子ちゃん。
とにかく、とてもとても可愛かった! 三つ編みも、ショートパンツの全身姿も、ふっくら唇も、全編可愛さがあふれていました。

時間の都合で泣く泣くカットしたシーンがいくつもあるそうでちょっと残念ですが(光希と千弥子のシーン、無かったな…)、特別編集した完全版DVDを廣木監督からいただく約束をしたので とても楽しみです。(すみません、原作者特権です)
本当に誠実に作っていただき、素敵な映画にしていただきました。
スタッフ・キャストの皆さん、どうもありがとうございました。
たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

(c)吉住渉/集英社 (c)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー