映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

押井守が夢枕獏の小説「キマイラ」を映像化

196

夢枕獏の小説「キマイラ」が、押井守によって映像化されることがわかった。

この情報は、夢枕の公式ブログ「酔魚亭」に掲載された3月7日発売「キマイラ13 堕天使変」(朝日新聞出版)の書影にて明らかになったもの。表紙の帯では「夢枕獏×押井守『キマイラ』映像化決定!!」の文字が確認できる。また、3月25日にKADOKAWAより発売されるソノラマノベルスの文庫版「キマイラ19 明王変」の帯にも同様の文言が。

1982年から続く夢枕の代表作「キマイラ」シリーズは、体内に幻獣キマイラを秘めた少年・大鳳吼と久鬼麗一の数奇な運命を描いた物語。キャストや公開時期などの詳細については続報を待とう。

映画ナタリーをフォロー