映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉本新喜劇・浅香あき恵がイケメンたぶらかす女を怪演、関西バラエティ発の映画公開

231

「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」

「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」

関西で人気を集める朝日放送のバラエティ番組「なるみ・岡村の過ぎるTV」から飛び出した映画「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」が、4月7日より東京のシネ・リーブル池袋、大阪・大阪ステーションシティシネマほか全国で順次公開される。

吉本新喜劇の女優・浅香あき恵が主演を務める本作は、謎の女・佐野よしえがイケメンを次々とたぶらかして事件を起こすサスペンス。浅香がヒロインのよしえを怪演し、不幸な結末を迎えるイケメン3人に「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の仁科克基、韓国を中心に活躍する武田裕光劇団Patch所属の松井勇歩が扮した。よしえの弁護士を光宗薫が演じ、中村静香ぼんちおさむ山名文和アキナ)、黄川田将也藤井隆相島一之や、特別出演のなるみ岡村隆史もキャストに名を連ねる。主題歌はORANGE RANGEが書き下ろした楽曲「アオイトリ」。

なお本作は第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」にてワールドプレミア上映された。

(c)2017吉本興業

映画ナタリーをフォロー