アキナ山名、セリフ2行でレッドカーペット2回登場「島ぜんぶでおーきな祭」

486

本日4月23日、沖縄・那覇市国際通りにて行われた「島ぜんぶでおーきな祭」のレッドカーペットイベント。出品作に出演する芸人や俳優のほか、アキナ尼神インター、馬と魚といった若手芸人が初参加を果たした。

しずる村上とライス関町(左から)。

しずる村上とライス関町(左から)。

大きなサイズで見る(全33件)

初レッドカーペットの感想を語るアキナ。

初レッドカーペットの感想を語るアキナ。[拡大]

大歓声を浴びながらレッドカーペットを歩いたアキナ。山名が「キャーキャー言われて、ほんまに有名になったんやなって実感しました」と酔いしれると、相方・秋山は「なってないわ! リアル(この中で自分たちを知ってるのは)2割や!」とツッコむ。山名は浅香あき恵主演の映画「ありえなさ過ぎる女 ~被告人よしえ~」のキャストとしてもう一度登場し、「映画の話をいただいたときは、アキナの活動に支障が出るんじゃないかって相談もしながら決断してやらせていただいた。でもセリフは2行でした。2行なのでタキシードもこんなもん」と先ほどのポロシャツにジャケット1枚羽織っただけの格好を笑った。

鬼越トマホーク

鬼越トマホーク[拡大]

ほかの芸人たちもサインや写真をねだられ、「『かわいい』っ言われてハマっちゃいそう。沖縄だとモテるので移住しようかな」(尼神インター誠子)、「うれしいです。沖縄最高です!」(馬と魚)、「未だかつてないくらいキャーキャー言われて天狗になりました(笑)」(横澤夏子)と笑顔。スター気分を楽しんでいる芸人が多い中、鬼越トマホーク金野は「知名度なさすぎてスベリまくった」と険しい表情を見せ、相方の坂井は「『クロちゃん』って1000回くらい言われた」と首をかしげた。

ピース又吉主演映画「海辺の週刊大衆」のキャストも姿を見せ、「こんなに声をかけていただけるもんなんですね。(キングオブコント)優勝してよかった」と喜ぶライス関町。「許してくれーい!」というネタのセリフを沿道から叫ばれたが、それには「何をですか?」と返すほかなかったと笑う。

GACKTや土屋太鳳、間宮祥太朗といった人気俳優たちにはひと際大きな声援が。街全体が盛り上がっている様子に、沖縄出身のスリムクラブ真栄田は「昔はこんなに人が来ることなんかなかった」としみじみ。「例えるなら『ウォーキング・デッド』状態です」と混雑ぶりを表現した。

この記事の画像(全33件)

関連記事

アキナのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 アキナ / 尼神インター / トニーフランク / 横澤夏子 / トレンディエンジェル / 板尾創路 / 2丁拳銃 / ライス / しずる の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。