映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ドラマ「賭ケグルイ」浜辺美波、高杉真宙、森川葵が“一か八か”のエピソード披露

290

テレビドラマ「賭ケグルイ」第1話先行上映会の様子。左から高杉真宙、浜辺美波、森川葵。

テレビドラマ「賭ケグルイ」第1話先行上映会の様子。左から高杉真宙、浜辺美波、森川葵。

テレビドラマ「賭ケグルイ」の第1話上映会が、本日1月8日に東京都内で行われ、キャストの浜辺美波高杉真宙森川葵が登壇した。

河本ほむら原作、尚村透作画によるマンガを英勉が実写化する本作は、ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台にした連続ドラマ。いかなるリスクもいとわないギャンブル狂・蛇喰夢子役の浜辺は、原作を読んだことがあったそうで「私にオファーしていただいたことが驚きでしたし、ギャップのある女の子なので演じるのがとても楽しみになりました」と率直な気持ちを述べた。そして“賭け狂う”と恍惚とした表情になる夢子を演じた手応えを「“顔芸”含めてやり切れたと思います」と述べ、「現場ではモニター前に行かないようにしていました。自分が思っていた以上にひどい顔をしているのを見ちゃうと、その先の撮影で表情を押さえ込んじゃって精一杯できないなあと思ったので」と打ち明ける。

学園の最下層である家畜の“ポチ”こと鈴井涼太役の高杉は「一番最初に監督から『香川照之さんと藤原竜也さんどっちがいい?』って、演技していくうえでの意識を聞かれて(笑)。ほかの方が香川さんのほうをやりたいっておっしゃったので、僕は藤原さんを目指していきますと伝えました」と裏話を披露した。早乙女芽亜里役の森川は「撮影中は普段も自然と女王様キャラになっていたかもしれない」と告白。司会からカードやチップの使い方が巧みだと言及されると、「ギャンブル指導の先生からいろんな技を教えてもらって練習したんです。ずっとチップを触り続けていたら、1日、2日くらいでできるようになってきました」と役作りの一端を明かした。

続いて、本作のオープニングテーマのタイトル「一か八か」にちなみ、登壇者たちは今まで体験した“一か八か”のエピソードを話していくことに。浜辺が「初めて行く美容室で髪を切ってもらうこと。美容師さんと話すのが苦手なので、コミュニケーション不足のせいで前髪をえぐられたり、薄くされすぎたりすることがよくあって……(笑)」と人見知りゆえのエピソードを語ると、高杉は同調しながら「洋服屋さん入るのにも汗をかきますもんね。とりあえず(話しかけられないように)イヤフォンをして入ります」とうなずく。

そんな高杉は、東京の表参道から神奈川の鎌倉まで往復100km超の自転車旅に友人と挑んだことを回想した。「引き返すかそのまま行くかが一か八かの賭けだった。合計13時間ぐらい走りました」と振り返り、「基本は引きこもりなんですけど、たまにふざけたことをしてしまって……後悔しています」と反省。森川はデビューのきっかけとなったSeventeen専属モデルのオーディションを受けたことだと語り、“賭け”の結果は「勝ったということで!」と自身でジャッジした。

最後に、浜辺は「ドラマ『賭ケグルイ』のギャンブルで繰り広げられる心理戦はどんでん返しの繰り返しで、とても見応えのあるドラマになっていると思います」とコメント。「スカッとするシーンがたくさん出てくるので、夜寝る前に観るとよく眠れるし、シャキっとした朝を迎えられるかなと思います」と視聴者に呼びかけた。

ドラマ「賭ケグルイ」は1月14日よりMBS、1月16日よりTBSで放送スタート。

ドラマイズム「賭ケグルイ」

MBS 2018年1月14日(日)25:15~スタート
以降毎週日曜 24:50~
TBS 2018年1月16日(火)25:43~スタート
以降毎週火曜 25:28~

(c)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS (c)Homura Kawamoto・Toru Naomura/SQUARE ENIX

映画ナタリーをフォロー