映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バイプレイヤーズ」新作2月スタート、遠藤憲一ら名脇役5人が無人島生活

1914

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」

連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」の新作「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」が、2月7日よりテレビ東京系にて放送される。

遠藤憲一大杉漣田口トモロヲ、寺島進、松重豊光石研が本人役で出演した「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」は、彼らの共同生活の模様を追ったドラマ。深夜からプライムタイムに放送枠を移した「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」には、寺島を除く5人が続投する。劇中では、テレビ東京がスタートさせる朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違って無人島に漂流し、サバイバル生活を強いられることになる。前作に引き続き、北香那演じるジャスミンが大杉の付き人として登場。「アイスと雨音」の松居大悟、「俳優 亀岡拓次」の横浜聡子、前作のプロデューサー・浅野敦也が監督を務める。また今作でも、さまざまなゲストが出演する予定だ。

この発表にあたり、キャストとスタッフからコメントが到着。遠藤は「『前作を超えるの無理じゃない? でもやるんだ』……と思いながら初日、現場へ行ってみたら、『超えそう!』という感触を持ったんで、是非!見て下さい」と、松重は「また、皆で割り勘で酒が飲めるー。しかしテレ東、こんな面倒くさいオジさん達に、よくまた招集かけたなぁ、と、拍手」と話す。そして松居は「(前作は)深夜のあの尺だからやりたい放題だったのに、水曜夜の一時間って! 家族が寝る前に見る上質なドラマになる!と、危惧していたのですが、大丈夫そうです。僕らは変わりません」とメッセージを寄せた。

また今回は出演が叶わなかった寺島について、プロデューサーの濱谷晃一は「寺島さんの所属事務所のオフィス北野さんからも『今回は寺島がスケジュール合わずすみません! でもうちの俳優も出演しますので、放送を今から楽しみにしてます!』と応援を頂いておりますので、5人になっても前回よりパワーアップして業界視聴率50%超えを! ……ではなく、沢山の視聴者の方に見てもらえるよう頑張ります!」と言及した。

なお前作「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」から選りすぐられた7話が、本日1月3日の23時30分より放送される。

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」

テレビ東京系 2018年2月7日(水)放送スタート
毎週水曜 21:54~22:48
※初回のみ15分拡大

「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」一挙放送

テレビ東京系 2018年1月3日(水)23:30~28:10
※24:50~24:55に中断ニュースあり

遠藤憲一 コメント

前作が出来上がった時、俺が一番最初に完パケを見て、みんなに「おもしろい!」って言ったのを覚えています。で、今作の話が来た時、「前作を超えるの無理じゃない? でもやるんだ」……と思いながら初日、現場へ行ってみたら、「超えそう!」という感触を持ったんで、是非!見て下さい。

大杉漣 コメント

「日本のおじさんたち、結構捨てたもんじゃないよ」という、ただ渋いだけじゃなくて、いろんな“ヒト”として生きてる姿みたいなものが、このドラマの中でちりばめられているような感じがしています。そういう意味では新しいドラマなのかなと思うので、 是非一人でも多くの方に見て頂きたいと本当に願っています。見ないと……(ニヤリ)。

田口トモロヲ コメント

またメンバーのみなさんと、そして視聴者のみなさんと再会することが出来て、もうミラクルのような幸せです。またまたみんなと飲める! このワクワク感が映れば、そして観てもらえれば、と思います。よろしくお願いします!

松重豊 コメント

また、皆で割り勘で酒が飲めるー。
しかしテレ東、こんな面倒くさいオジさん達に、よくまた招集かけたなぁ、と、拍手。イケメンも出ません。愛も感動もありません。スリルもサスペンスもありません。
いわゆるドラマファンの皆様、申し訳ない。ただただオッさん5人でわちゃわちゃしているだけのドラマです。

光石研 コメント

今作の話を聞いて、僕は率直に嬉しかった。前作を超えるものになっていますので、是非みなさん、乞うご期待!で楽しみに待っていてください。

北香那 コメント

前回、第2弾をやることになったら……、というもしもの話が出ていた時に、(次の話に)ジャスミンがいなくなってたらどうしよう……とずーーっと思っていました。今回のお話を頂いて、「よかったー!! ジャスミンがまた居るんだ! みなさんにまた会える!」という嬉しい気持ちでいっぱいでした。おじさまたちの、ゆるくてかわいくてシブいコメディです。その魅力にぜひ注目して頂いて、そして私自身、前作よりも、より馴染んでいるかもと感じているので、おじさまたちとの距離が近くなったジャスミンをぜひ見てください。

濱谷晃一(プロデューサー)コメント

好評だったので第2弾ができたらよいなと思っていたら、まさかのプライムタイム昇格に驚いています。殺人事件や恋愛、医療、などを盛り込んで……などとゴールデン仕様にはなっておりません。些細なことに右往左往するおじさまたちに癒されていただければと思います!
多忙を極めるバイプレイヤーの皆さん、スケジュール調整は困難を極めましたが奇跡的に実現しました。寺島さんの所属事務所のオフィス北野さんからも「今回は寺島がスケジュール合わずすみません! でもうちの俳優も出演しますので、放送を今から楽しみにしてます!」と応援を頂いておりますので、5人になっても前回よりパワーアップして業界視聴率50%超えを! ……ではなく、沢山の視聴者の方に見てもらえるよう頑張ります!

浅野敦也(プロデューサー、監督) コメント

テレビ東京さまから「バイプレイヤーズをプライムタイムの1時間連ドラに」というお話があった時は「深夜のおじさんのわちゃわちゃ・ゆるシブドラマをゴールデン扱いするなんて、テレビ東京は血迷ったのか?」と思いました。同時に、前作を越えるものを作るには同じ深夜帯だと大変だと思っていたので、やれる手応えを感じました。ということで、プライムタイムの連ドラに革命を起こすためにも、徹底的にゆるいまま、やらせていただきます! でもそれだけだと怒られそうなのでNHKに対抗し、朝ドラ戦争を仕掛けます(夜ですが)! ロケ地は館山ではなくトロピカルな南の島にします(冬の無人島ですが)! また前作同様、ゲストの皆様も豪華にお届けしようと思います(でも前回キャスト費が底をつき会社に怒られたので、猿・ワニ・ハムスターなど一部人ではない共演者も混ぜています。テレビ東京さん、ご了承ください)。最後に業界関係者の皆様、撮影期間中は再びバイプレイヤー不足が起きると思われます……申し訳ございません!

松居大悟 コメント

どうかしてますよね。関わってる人みんなどうかしてるんです。あれは深夜のあの尺だからやりたい放題だ ったのに、水曜夜の一時間って! 家族が寝る前に見る上質なドラマになる!と、危惧していたのですが、大丈夫そうです。僕らは変わりません。なんなら丸くならなければいけないはずなのに、さらに尖っています。やるべき起伏やひっぱりや感動をすべて無視して、濃くするべき物語を薄くして、ただただこのメンバーと共に過ごす濃い空気をお届けします。奇跡と思っていたバイプレイヤーズにもう一度奇跡が起きました。こうなったらとことん奇跡の向こう側までいきたいです。相変わらず緊張しますが、どうぞよろしくお願いします!

(c)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

映画ナタリーをフォロー