映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウィリアム&ヘンリー王子がSW新作プレミアに登場、BB-8のお辞儀に笑顔

199

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ロンドンプレミアの様子。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ロンドンプレミアの様子。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のロンドンプレミアがイギリス現地時間12月12日にロイヤルアルバートホールで行われ、キャストのデイジー・リドリーマーク・ハミル、監督のライアン・ジョンソンらが出席した。

会場となったロイヤルアルバートホールは、イギリス王室に縁のある劇場。プレミアには「スター・ウォーズ」シリーズのファンとして知られるウィリアム王子とヘンリー王子も出席した。レッドカーペットに迎えられた2人は、BB-8に深々とお辞儀され笑顔を見せる。ウィリアム王子はルーク・スカイウォーカー役のハミルを目の前にし感激した様子で、ヘンリー王子もキャスト陣とジェスチャー交じりに楽しげな時間を過ごした。

レイ役のリドリーは、本作について「観客は、用意されている驚くべき展開を目の当たりにすることになると思う。その驚きの展開に心を開いてほしい」と期待を寄せ、ハミルも「3部作だったら2部が大好きなんだ。何が起こっても不思議じゃないからね。だからこそ、この物語はワクワクする」と発言。また本作のために22.5kgものダイエットをしたハミルは、役作りについて「食事の仕方を変えたんだ。自分で『うまいと思うものを食べてはいけないダイエット』と名付けて、ポテトチップス、アイスクリーム、キャンディも食べなかったんだ(笑)」と明かした。

またジョンソンは「観客の皆さんが、吹き飛ばされたと思えるような楽しい時間を過ごしてくれたらいいなと。突き詰めて言えば、私にとって『スター・ウォーズ』というのはそういうものですから。仲間と一緒に冒険に出ているんだという感覚を、映画を観に来てくれた方々が感じてくれればいいと思っています」と述べた。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、12月15日より全国ロードショー。

(c)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー