「夫のちんぽが入らない」2018年に実写映像化&マンガ化

211

主婦・こだまの自伝「夫のちんぽが入らない」が、実写映像化およびマンガ化されるとわかった。

「夫のちんぽが入らない」書影(帯あり)

「夫のちんぽが入らない」書影(帯あり)

大きなサイズで見る(全2件)

「夫のちんぽが入らない」は、同人誌即売会“文学フリマ”で販売された「なし水」に、こだまが寄稿した短編。大幅に加筆修正を加えた完全版が、1月に発売された。主人公は、相手の性器が自身に挿入できないことが発覚するも交際を続け、結婚に至った女性。18歳でその相手との交際を開始してから20年間の悲劇をつづっている。

映像作品とコミカライズ版、どちらも2018年に展開。キャストや監督といった詳細情報は現在明らかになっていないが、タイトルに変更はない予定だ。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。