映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

討ち入りでござる!忠臣蔵を題材にした映画特集で深作欣二「赤穂城断絶」など17本

43

「赤穂城断絶」 (c)東映

「赤穂城断絶」 (c)東映

「12月!おのおの方、討ち入りでござる! 大忠臣蔵映画祭」と題された特集上映が、明日12月3日から12日にかけて東京・新文芸坐で行われる。

江戸時代元禄期に起きた赤穂事件をもとにした創作作品を表す忠臣蔵。赤穂事件での仇討ちが旧暦の12月14日に行われたことから、年末と関わりが深いことでもおなじみだ。この特集では、忠臣蔵を題材にした映画作品17本がスクリーンにかけられる。

ラインナップには、深作欣二がメガホンを取った「赤穂城断絶」「忠臣蔵外伝 四谷怪談」、東宝サラリーマン喜劇100本記念として製作された「サラリーマン忠臣蔵」、手塚治虫の原案をもとにしたアニメ「わんわん忠臣蔵」、紀里谷和明の監督作で武士道を騎士道に置き換えた異色アクション「ラスト・ナイツ」などが並ぶ。

12月!おのおの方、討ち入りでござる! 大忠臣蔵映画祭

2017年12月3日(日)~12日(火)東京都 新文芸坐
<上映作品>
赤穂浪士(1961年)
元禄美少年記
「赤穂城断絶」
「忠臣蔵外伝 四谷怪談」
忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻
珍説忠臣蔵
忍法忠臣蔵
忠臣蔵 花の巻 雪の巻(1954年)
忠臣蔵 赤垣源蔵 討入り前夜
琴の爪
「サラリーマン忠臣蔵」
「わんわん忠臣蔵」
元禄忠臣蔵 前篇
元禄忠臣蔵 後篇
忠臣蔵 花の巻 雪の巻(1962年)
「ラスト・ナイツ」
最後の忠臣蔵
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / 友の会、シニア 1100円

映画ナタリーをフォロー