映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

イジー・ブルデチュカの特集上映でイジー・トルンカ、カレル・ゼマン監督作など3本

59

「ほら男爵の冒険」 (c)2016 Muzeum Karla Zemana z.u.

「ほら男爵の冒険」 (c)2016 Muzeum Karla Zemana z.u.

特集上映「生誕100年 ブルデチュカ映画祭」が、12月2日から15日まで東京のユジク阿佐ケ谷にて開催される。

今年で生誕100年を迎えた1917年生まれのイジー・ブルデチュカ。この特集では、ジャーナリスト、小説家、脚本家、映画評論家、漫画家、アニメーションの監督と多岐に渡って活躍したブルデチュカが脚本を手がけた作品3本を上映する。

ブルデチュカが新聞に連載した小説の映画化でチェコで初めてアカデミー賞外国語映画部門に出品されたコメディ「レモネード・ジョー 或いは、ホース・オペラ」、ブルデチュカと親交の深かったイジー・トルンカによる長編人形アニメーション「皇帝の鶯」、カレル・ゼマンの監督作で空想が大好きなほら男爵が想像の世界を自由に旅する冒険ファンタジー「ほら男爵の冒険」がラインナップされた。

さらに、初日12月2日の12時30分の回上映後にはトークショーが行われ、チェコに関する情報を発信するサイト、CHEKOGURAのペトル・ホリーが登壇する。この回のネット予約枠は定員となったため、12月2日10:10から劇場で当日券を若干数販売する。

生誕100年 ブルデチュカ映画祭

2017年12月2日(土)~15日(金)東京都 ユジク阿佐ケ谷
前売り料金:1回券 1200円 / 3回券 3000円(複数名使用不可)
当日料金:一般 1300円 / 学生、シニア、会員 1100円
<上映作品>
レモネード・ジョー 或いは、ホース・オペラ」
「ほら男爵の冒険」
「皇帝の鶯」

トークショー

12月2日(土)12:30の回上映後
<登壇者>
ペトル・ホリー(CHEKOGURA)

映画ナタリーをフォロー