ワン・ビンの新作ドキュメンタリー公開、中国・湖州で働く人々の姿映し出す

80

「鉄西区」「無言歌」などで知られるワン・ビンの新作ドキュメンタリー「苦い銭」が、2018年1月下旬に公開される。

「苦い銭」ポスタービジュアル

「苦い銭」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

「苦い銭」

「苦い銭」

「苦い銭」

「苦い銭」

第73回ヴェネツィア国際映画祭にて、オリゾンティ部門の脚本賞およびヒューマンライツ賞に輝いた本作。出稼ぎ労働者が住民の80%を占める中国・湖州で働く人々の姿が捉えられた。

ワン・ビン

ワン・ビン

なおワン・ビンは「彼らの物語を語るために、カメラのショットや捉える人物をずらしながら、ある被写体から別の被写体へ、焦点を揺らすようにひとつに絞らずに撮影しました」と本作について語っている。

「苦い銭」は、東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

※公開日が2月3日に変更となりました。

ワン・ビン コメント

中国社会では、現代ほど「金」が重要な時代は、これまでに存在しませんでした。今、誰もが裕福になりたいと願っています。しかし現実から見れば、それは誰もが空想の中に生きていると言うしかありません。また、“流れゆくこと”は、今日の市井の中国人にとって重要なテーマです。私は、彼らの物語を語るために、カメラのショットや捉える人物をずらしながら、ある被写体から別の被写体へ、焦点を揺らすようにひとつに絞らずに撮影しました。

この記事の画像(全10件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions