映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「スター・ウォーズ」新たな3部作を「最後のジェダイ」ライアン・ジョンソンが製作

132

米ウォルト・ディズニー社が、「スター・ウォーズ」の新たな3部作を製作。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンが製作を担当すると、The Playlistなどが報じた。

これは同社CEOのボブ・アイガーことロバート・A・アイガーが、アメリカ現地時間11月9日に四半期決算報告会にて明かしたもの。同シリーズでは、2015年公開のエピソード7「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から始まったルーク・スカイウォーカーに関するトリロジーを展開中。このたびアナウンスされた新たな3部作ではルークの物語から離れ、新キャラクターに焦点を当てることとなる。ジョンソンは1作目の監督も兼任し、「最後のジェダイ」のプロデューサーでもあるラム・バーグマンも参加する。

また同時に、「スター・ウォーズ」の実写ドラマシリーズの製作も発表された。これはディズニーが2019年以降にスタートさせる動画配信サービスで取り扱われると考えられている。そのほか「モンスターズ・インク」「ハイスクール・ミュージカル」をもとにしたシリーズも企画されていることがわかった。

なお「スター・ウォーズ」エピソード8にあたる「最後のジェダイ」が12月15日に公開される。さらにJ.J.エイブラムスが監督するエピソード9は2019年12月、若きハン・ソロを描くスピンオフ「Solo: A Star Wars Story(原題)」は2018年5月に全米で公開予定だ。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー