映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「神様なんかくそくらえ」サフディ兄弟の新作「グッド・タイム」本編映像解禁

77

「神様なんかくそくらえ」のジョシュア・サフディベニー・サフディ兄弟がメガホンを取った「グッド・タイム」より、本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

ロバート・パティンソンが主演を務めた本作では、投獄された弟ニックを助けようともがく孤独な男コニーの姿が描かれる。パティンソンがコニー、ベニーがニックを演じた。映像には、本編冒頭で銀行強盗に入った直後の2人の姿を収録。コニーがニックに「お前は本当にすごいやつだ」と興奮した様子で語り、2人は車に乗り込んでいく。

このたびジョシュアが、イギー・ポップによる本作のエンディング曲「ザ・ピュア・アンド・ザ・ダムド」ついて語るコメントも到着。ジョシュアは「イギーは兄コニーを罪深い者(Damned)、弟ニックを純粋な者(Pure)とした。彼は“純粋”な人だけでなく“罪深い”人も、愛ゆえに行動を起こすということを示唆している。本編冒頭の2人の銀行強盗は、コニーにとって弟ニックを元気づけ、純粋に人生を味わわせるための方法だった。コニーには目標とする兄弟の理想像があり、それはただ楽しみたい(Have a Good Time)ということだった。どれだけ多くの人に邪魔されようとね」と述べている。

「グッド・タイム」は11月3日より東京・シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国でロードショー。

※「グッド・タイム」はR15+指定作品

(c)2017 Hercules Film Investments, SARL

映画ナタリーをフォロー