ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏

ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏

ウェイティングバーバリアンズテイコクノタソガレ
WAITING FOR THE BARBARIANS

2021年1月29日(金)公開 / 上映時間:113分 / 製作:2019年(伊=米) / 配給:彩プロ

(C)2020 Iervolino Entertainment S.p.A.

解説 アカデミー賞受賞作家のJ・M・クッツエー原作による小説『夷狄を待ちながら』を、自身が脚本を務め実写化。帝国が支配する19世紀のアフリカの町を舞台に、警察官僚による激しい弾圧と、彼に抵抗する地元の民政官の攻防を描く。冷徹な警察官僚を、ジョニー・デップが怪演。マーク・ライランス、ロバート・パティンソンら豪華俳優陣が共演した。

ストーリー 帝国が支配する19世紀、アフリカ。ある日、とある辺境の町にジョル大佐率いる警察官僚が治安維持のため、中央政府からやって来る。彼らは罪なき市民を弾圧し、激しい尋問と拷問にかけていた。そんな折、見かねた地元の民生官はジョル大佐に抵抗しようとする。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全11件)