映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「コウノドリ」綾野剛、星野源、松岡茉優らが白衣で登場、続編への思い語る

2086

ドラマ「コウノドリ」新シリーズ製作発表会の様子。

ドラマ「コウノドリ」新シリーズ製作発表会の様子。

本日10月7日、TBS系のドラマ「コウノドリ」新シリーズの製作発表会が東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、キャストの綾野剛松岡茉優吉田羊坂口健太郎星野源大森南朋が出席した。

「映画 ビリギャル」の土井裕泰らが演出を担当する「コウノドリ」は、鈴ノ木ユウの同名マンガをもとにした医療ドラマ。産婦人科医と天才ピアニストという2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを中心に、命の誕生に関わるさまざまな人々の姿が描かれる。前シリーズは2015年に放送された。

綾野は「今回は赤ちゃんが生まれたその先、家族が生活していく現実や医者である我々のパーソナルな部分もきちんと描いていかないといけない。家族に寄り添い力を尽くすということが、この作品を通して少しでも多くの方に響いたら幸いです」と挨拶。星野は「現場には赤ちゃんがいっぱいいてニコニコしちゃいます。でもしのりん(自身が演じる四宮春樹の愛称)は笑ってはいけないので、笑顔を封印しつつ撮影をがんばりたい」と抱負を語る。坂口は「手術のシーンを撮影したときに2年という時間が一気に埋まった気がしましたね。みんなで声を出し合っていると、ああこの感じだなって」と振り返った。

松岡は「志田未来さんとご一緒できてうれしかった。これからも追いかけていきたい存在です」と憧れの女優との共演を語り、自身の演技について「分娩台に乗せてもらって助産師の方に腕を触ってもらった瞬間に、緊張が解けて安心したんです。理屈じゃなくて体温で会話できるように心がけてます」と語る。吉田は「前回は新しいドラマを作る意気込みでどこか浮き足立ったようなところがあったけど、今回は落ち着いてお芝居が始められた。あと産科の控室に窓ができて広く明るくなったので注目してください」とアピール。大森は「お芝居には嘘もあるけど、気持ちの部分では本物を置いておかないといけない」と役作りへの思いを吐露した。

「カッコよく演じたいという色気は出したくないと思った」と言う星野は、「前回のときに指導の先生が『(ドラマでは)カッコよく描かれがちなのが不満なんです』とおっしゃっていて。実際は赤ちゃんに集中している現場なので、本当のプロセスを先生方に確認して動いたり、なるべく嘘がないように気を付けたいと思ってます」と明かす。

最後に綾野は「周産期医療の現場を見ていると、過酷さや医師不足などいろんな問題を抱えてます。でも僕たちが今できることはちゃんと見つめ続けることだと思うんです」「自分たちができることに『コウノドリ』を通してしっかり向き合っていきたいし、日本という環境の中で起きていることも含めて受け止めていただけたら」と真摯な表情でメッセージを伝え、イベントの幕を引いた。

「コウノドリ」は10月13日よりスタート。

コウノドリ

TBS系 2017年10月13日(金)スタート 毎週金曜 22:00~
※第1話は15分拡大版

映画ナタリーをフォロー