映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

妻夫木聡、「民生ボーイ」撮影振り返り「朝から晩までチューじゃねえかよ!」

199

左から大根仁、妻夫木聡、水原希子。

左から大根仁、妻夫木聡、水原希子。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のスペシャルイベントが本日8月29日に東京・LIQUIDROOMで行われ、キャストの妻夫木聡水原希子、監督の大根仁、原作者の渋谷直角が登壇した。

大根が渋谷のマンガを実写映画化した本作は、奥田民生に憧れる雑誌編集者・コーロキが、魔性の女・あかりに翻弄されていくさまを描いたラブコメディ。妻夫木がコーロキ、水原があかりを演じた。「奥田民生になりたいボーイに贈る狂わせナイト!」と題されたこのイベントはトークとライブの2部構成。映画ナタリーではトークパートの模様をお届けする。

大根は映像化の経緯について「原作は連載初回で『これは面白い!』と思いました。絶対映像化に向いてるし、俺が一番うまく撮れるはずだと。でも『銀魂』とか『ジョジョ(の奇妙な冒険)』みたいに売れてるマンガじゃないから悩んでたら(笑)、ブッキーが『やりたい! ほかの誰にもこの役を譲りたくない!』って言ってくれて」と説明。妻夫木が「そこまでは言ってない(笑)」とツッコミを入れる。

水原はあかり役のオファーを受けた際の心境を「やったー!と思いました。私はモデルでもあるので、ファッション業界にいる女の子たちのことを知ってますし。この仕事をいただけてラッキーだったなと思います。大根さんとも一緒に仕事をしてみたかったんです」と回想する。妻夫木は水原の演技を「普通の女優さんだったら戸惑うようなシーンがいっぱいあるのに、むしろ自ら『脱ぎます』くらいの勢いで来てくれましたから。彼女が輝けば輝くほど僕は翻弄されて、いい表情を撮ってもらえました」と絶賛した。

本作で、何度もキスシーンを演じた妻夫木と水原。妻夫木は「台本にないのにキスしたこともありましたね。海でチュー、水族館でチュー、中目黒でチュー、渋谷の雑居ビルでチュー。朝から晩までチューじゃねえかよ!みたいな」と笑う。

大根と渋谷が退席したあとには、安齋肇、写真家の三浦憲治、PUFFY大貫亜美吉村由美が登壇。奥田をよく知る4人と妻夫木、水原がトークを繰り広げた。映画を鑑賞したPUFFYの2人はタイトルにあやかって「ブッキーになりたい!」と話し、「あの子があんな……今、ここで直視できない」と水原の大胆な演技を称賛した。

妻夫木は奥田の魅力をMCから聞かれると「全部です。ああいう人になりたいですね。カッコつけないのにカッコよくなっちゃう」と回答。「僕なんか、今日だって衣装を着てメイクとかしてますけど、民生さんはそういうことをしなくてもカッコいい。つい自分に嘘をついてしまうことがあるから、民生さんみたいに正直に生きられたらいいなと思います」と、奥田への憧れを語った。

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は、9月16日より全国ロードショー。

(c)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー