映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

田中麗奈、上海映画祭に三島有紀子と参加「上海はとても好きな場所」

118

第20回上海国際映画祭に出席した田中麗奈(左)と三島有紀子(右)。

第20回上海国際映画祭に出席した田中麗奈(左)と三島有紀子(右)。

幼な子われらに生まれ」が、第20回上海国際映画祭の日本映画週間に出品。6月17日、監督の三島有紀子とキャストの田中麗奈が開幕式に参加した。

レッドカーペットにそろって現れた三島と田中。田中は「上海はとても好きな場所なので、映画祭でレッドカーペットを歩けてとてもうれしかったです」とコメントする。そして同映画祭への出席は2015年公開の「繕い裁つ人」以来となる三島は「2年ぶりに上海国際映画祭のレッドカーペットを歩けて大変光栄です! 上海は過去も未来も感じる素敵な街です。この映画がそんな上海の皆さまに届き、皆さまに育てていただいて、やがて中国の皆さまの心に届けばうれしいです!」と上映を前にした心境を語った。

重松清の同名小説が原作の「幼な子われらに生まれ」は、バツイチ子持ちで再婚した44歳のサラリーマン・信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれる命を巡って成長していく姿を描いた人間ドラマ。8月26日より全国で公開される。

(c)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー