映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

湯浅政明「夜明け告げるルーのうた」、上海国際映画祭とファンタジア国際映画祭へ

70

「夜明け告げるルーのうた」

「夜明け告げるルーのうた」

現在全国で公開中の湯浅政明監督作「夜明け告げるルーのうた」が、上海国際映画祭とファンタジア国際映画祭に出品されることがわかった。

本作は、6月17日から26日まで開催される第20回上海国際映画祭の長編部門である金爵賞にノミネートされており、現地時間7月13日から8月2日までカナダ・モントリオールで開催される第21回ファンタジア国際映画祭でも上映される。なお湯浅の長編監督デビュー作「マインド・ゲーム」は、第9回ファンタジア国際映画祭にて最優秀作品賞など5部門を受賞した。また、現在全国で公開されている湯浅の監督作「夜は短し歩けよ乙女」は、第20回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品。第21回ファンタジア国際映画祭では長編部門にノミネートされた。

アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門にもノミネートされている「夜明け告げるルーのうた」は、人魚の少女ルーと心を閉ざした少年カイの交流を描くオリジナル劇場アニメーション。谷花音がルー、下田翔大がカイを演じた。

関連する特集記事

「夜明け告げるルーのうた」湯浅政明×高杉真宙インタビューPR

(c)2017ルー製作委員会

映画ナタリーをフォロー