台湾人と日本人の恋愛描く「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」初夏公開

143

実話をもとにした台湾人女性と日本人男性のラブストーリー「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」が、初夏より東京・新宿シネマカリテほかで順次公開される。

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」 (c)“Mamadame” production committee

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」 (c)“Mamadame” production committee

大きなサイズで見る

本作は、Facebookを通じて出会った台湾人女性“リンちゃん”と日本人男性“モギさん”を主人公とした物語。2人の日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は書籍化もされている。

日本文化が大好きな台湾在住の女性リン役には、台湾ドラマ「あの日を乗り越えて」のジエン・マンシュウが起用された。リンの夫となる少し控えめな日本人モギを「もうしません!」「新宿スワンII」の中野裕太が演じたほか、ワン・サイファー、蛭子能収リン・メイシウらが出演。ドラマ「拝啓、民泊様。」でも中野と組んだ谷内田彰久が監督を務めた。

※「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」の説は異体字が正式表記

関連記事

中野裕太のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。 / 中野裕太 / ジエン・マンシュウ / 蛭子能収 / リン・メイシウ / 谷内田彰久 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。