映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

菅田将暉がラジオパーソナリティに初挑戦「今までにない快感」

447

「オールナイトニッポンGOLD」でパーソナリティを務めた菅田将暉。

「オールナイトニッポンGOLD」でパーソナリティを務めた菅田将暉。

主演作「キセキ ーあの日のソビトー」が全国公開中の菅田将暉が2月10日、ニッポン放送でオンエアされた「オールナイトニッポンGOLD」でパーソナリティを務めた。

初めてラジオパーソナリティに挑戦した菅田は、オープニングで「菅田将暉ってややこしい漢字で“かんだまさき”って読めますが、神田沙也加さんのお父さんじゃないです」と自己紹介。番組では「キセキ ーあの日のソビトー」にちなみ、リスナーに「これってキセキかも!?」というエピソードなどを募集したところ、1万2000通以上のメールが届く事態に。菅田は、そのメールに爆笑したり、共感したり、ツッコんだりと、楽しげにトークを繰り広げた。

番組終了後、菅田は「今日は持てるすべてを出したいと思って臨みましたが、単純にしゃべりってすごいなと。1人でしゃべる難しさを感じました。しゃべりの“青二才”まさにグリーンボーイズですね(笑)。リスナーとの距離が近くて、いきなりフレンドリーにタメ口でツッコまれたりして、今までにない快感でした。そして今までにないつながりができたような気がします。ああ、やっとエンジンがかかってきたのにな、まだしゃべりたい。帰りたくないです」と「キセキ ーあの日のソビトー」で菅田演じるヒデが組むボーカルグループに触れつつ、感想を述べている。

なお家族とのエピソードも語られた同番組は、radikoで1週間限定で聴取可能だ。

映画ナタリーをフォロー