映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

23の人格持つ男をJ・マカヴォイが怪演、M・ナイト・シャマラン「スプリット」公開

167

「サイン」「ヴィジット」などで知られる監督M・ナイト・シャマランが、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えた新作「スプリット」。このたび同作の日本公開が決定した。

マカヴォイ扮する主人公は、23もの人格を持つDID(解離性同一性障害)の男。神経質で潔癖性の青年デニス、社交的で人懐っこいナイスガイのバリー、9歳の無邪気な少年ヘドウィグ、エレガントな女性パトリシアなど、次々と人格が入れ替わる。そして彼に拉致された女子高生3人組と攻防戦を繰り広げる中、“24人目”の人格がさらなる恐怖を生み出していく。プロデューサーのジェイソン・ブラムをはじめ、「ヴィジット」のスタッフを再招集して制作された。

「スプリット」は、5月12日より全国でロードショー。

(c)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー