映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

メキシコ発の感染パニック映画が公開、狂気充満する予告編も解禁

300

「ダークレイン」

「ダークレイン」

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭で高い評価を受けたメキシコ映画「The Similars(英題)」が「ダークレイン」の邦題で1月21日より公開。このたびポスタービジュアルと予告編が解禁された。

「パラドクス」のアイザック・エスバンが監督を務めた本作は、雨を介して感染し人間の外見や内面を変貌させてしまう“何か”がもたらす恐怖を描いたパニック映画。ルイス・アルベルティ、フェルナンド・ベセリル、ハンバート・ブストー、アルベルト・エストレヤらが出演する。

YouTubeで公開された予告編には、豪雨により人里離れたバスステーションで足止めを食らうことになった人々が、徐々に狂気に包まれていく様子を収録。泡を吹いて痙攣する老婆、顔に包帯を巻き銃を手に「お前たちは悪魔の手先だ。殺してやる」とわめく男なども登場し、本編の緊迫した雰囲気を確認できる。

「ダークレイン」は東京のヒューマントラストシネマ渋谷、大阪のシネ・リーブル梅田で開催される特集企画「未体験ゾーンの映画たち 2017」にて上映される。

(c)2015 FIDECINE, Red Elephant Films, Yellow Films, Zenski Cine. All Right Reserved.

映画ナタリーをフォロー