映画「特捜部Q」第3弾の公開日決定、予告編も解禁

125

ミステリー小説「特捜部Q」シリーズの映画化第3弾「特捜部Q Pからのメッセージ」の公開日が1月28日に決定。あわせて、YouTubeにて予告編が解禁された。

「特捜部Q Pからのメッセージ」

「特捜部Q Pからのメッセージ」

大きなサイズで見る(全7件)

本作は、北欧5カ国で最も優れた推理小説に贈られる「ガラスの鍵賞」を受賞した「特捜部Q―Pからのメッセージ―」を映画化したもの。未解決事件を扱う特捜部Qの刑事たちが、海辺で見つかったボトルの中に入っていた手紙の謎に迫っていく。脚本を担当したのは、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニコライ・アーセル。第1作、第2作に引き続きニコライ・リー・コースが刑事のカール・マーク役、ファレス・ファレスが助手のアサド役で出演している。

予告編では、マークたちが手紙を解読するうちに8年前の誘拐事件を知り、捜査を進めていくさまが映し出される。

「特捜部Q Pからのメッセージ」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、大阪のシネ・リーブル梅田にて開催される特集企画「未体験ゾーンの映画たち 2017」にて上映される。

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2016 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20 APS, ZENTROPA HAMBURG GMBH, ZENTROPA ENTERTAINMENTS BERLIN GMBH, ZENTROPA INTERNATIONAL NORWAY AS. All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 特捜部Q -Pからのメッセージ- / ニコライ・リー・コース / ファレス・ファレス / ニコライ・アーセル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。