映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「RANMARU 神の舌を持つ男」向井理が市原隼人のウエスタンファッションいじる

160

「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」スペシャルセレモニーの様子。

「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」スペシャルセレモニーの様子。

「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」の完成披露舞台挨拶が、本日11月15日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、キャストの向井理木村文乃佐藤二朗木村多江市原隼人、監督の堤幸彦が登壇した。

向井が主演を務める本作は、連続ドラマ「神の舌を持つ男」の続編に当たる温泉ギャグミステリー。舌に乗せたものを検査機器並みの精密さで分析できる男・朝永蘭丸が、自分探しの旅に出る様子を追う。

舞台挨拶の前には、東京・アニヴェルセル豊洲にてスペシャルセレモニーも開催。木村文乃がタキシード姿の向井について「カッコいいですよね」と褒めると、堤は「そりゃあ9頭身ですからね」と同調する。向井は「8.5ですよ」と返答し、会場を盛り上げた。

続いて完成披露に登壇した向井は、自身が演じた蘭丸について「原作がないのでよくわからないんですよ。正直今もあまりわかってません」と告白。堤が「もう少し上の年齢設定を考えてたんですけど、向井さんご自身が蘭丸にかわいさという要素を与えた。それでこの役柄は完成した」と述べると、向井は「いろんな人に迷惑をかける役なんです。嫌われたくないという一心で、子供だったら許してくれるだろうと。このあざとさですね」と笑顔を浮かべる。

続けて向井が、市原扮する全身ウエスタンファッションのキャラクターに関して「なんでこの人ウエスタンなんだろうって。最初私服かと思った」といじると、市原は「なぜウエスタンかはわからないです。しかもすごく訛ってるんですよ」と楽しげに語る。また市原は「思いっ切り引っぱたかれるシーンもあって。台本にあったっけな?って」と吐露。向井が「英語のシーンもあったよね?」と振ると、市原は「いきなりそこだけ字幕が出てくる」と明かし、観客の笑いを誘った。

撮影現場の様子を木村文乃は「台本に書いてないことばかりで。私がやってることのほとんどは(堤の)無茶ぶりです」と述懐。「突然トリオを結成するシーンがあって、あれは本当に困りましたね。完成したものを観たときもスベってたから、私才能ないなと思いました」と堤を見やると、堤は「本当にすみませんでした(笑)。でもあのシーンはスベるのが正解だから大丈夫だよ」とフォローする。

最後に向井は「映画には骨太で社会派なメッセージも含まれています。堤さんは実はシャイなので、それを隠すためのギャグでもあって。ギャグだけでも純粋に楽しめますが、ほかにもたくさん感じてもらえることがあると思います」と作品をアピールした。

「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」は、12月3日より全国ロードショー。

(c)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

映画ナタリーをフォロー