映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

渡辺麻友や柏木由紀がAKBドキュメンタリーをアピール、小嶋陽菜はイジられる

226

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶の様子。

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶の様子。

AKB48のドキュメンタリー映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」のプレミア上映会が本日6月30日、東京・お台場シネマメディアージュにて開催された。

上映後には舞台挨拶が行われ、AKB48から入山杏奈大和田南那柏木由紀木崎ゆりあ小嶋陽菜、込山榛香、島崎遥香峯岸みなみ宮崎美穂向井地美音横山由依渡辺麻友といったメンバー12人と、監督の石原真が登壇。最初にマイクを握ったAKB48グループ総監督の横山は「私が、舞台挨拶で1人目にしゃべらせていただくのは、たかみな(高橋みなみ)さんがいなくなってから初めてのことなのでドキドキしています」と緊張した面持ちで挨拶する。

MCから話を振られた石原は「懺悔があります」と口火を切り、上映時間の関係でインタビューするメンバーを絞ったことに触れ「メンバー全員を映画に出してあげられなくてごめんなさい」と謝罪した。これに対し小嶋が「私、なんでインタビューに呼ばれなかったんですか?」と問い詰めると、石原は「撮影時期に未来から来た人という、どう受け止めていいかわからないキャラクターだったので……」と「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」のときに小嶋が扮していた“にゃんにゃん仮面”をイジりながら返答し、会場の笑いを誘う。

作品の感想を聞かれた渡辺は「玄人目線で、AKB48に長く関わってくださっている石原さんだからこそ撮れた作品」と魅力をアピール。一方、柏木は「メンバーの覚悟や挑戦、挫折、涙が今までのドキュメンタリー映画よりもポジティブに描かれています。観たあとにAKBを応援したくなるような作品になってうれしかった」と思いを述べる。

すでにグループからの卒業を発表している小嶋は「この映画にはこれからのAKBを作っていくメンバーの心境や物語がたくさん詰まっていて。『がんばってね』と思いながら観てました」とコメント。その言葉に、小嶋と同じく1期生の峯岸は「陽菜の卒業を目の当たりにしたときに、またさらに新しいAKBが始まるのかなと思ったら、ドキドキするような寂しいような複雑な思いがありますね」と現在の心境を明かした。

舞台挨拶の最後に横山は「『存在する理由』という映画には、私たちのもがいている姿がたくさん収められています。私たちAKB48は皆さんに観てもらうことで初めて存在することができるものだと思っているんです。ぜひ皆さんこれからも応援よろしくお願いします」と、ファンに向けてメッセージを送った。

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」は、7月8日より全国ロードショー。

※木崎ゆりあの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画ナタリーをフォロー