映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

仮面ライダーTHE FIRST&NEXTメンバーが東映撮影所に再集結!「母校に帰ってきた思い」

276

左から高野八誠、黄川田将也、加藤和樹。

左から高野八誠、黄川田将也、加藤和樹。

2005年に公開された「仮面ライダー THE FIRST」と、2007年に公開された続編「仮面ライダー THE NEXT」のBlu-rayが8月3日にリリースされる。その特典映像の座談会収録のため、本日5月16日、出演者の黄川田将也高野八誠加藤和樹、「仮面ライダー THE NEXT」の監督・田崎竜太、アクション監督の横山誠が東京・東映東京撮影所に集結した。

石ノ森章太郎の原作マンガをベースに、仮面ライダー1号と2号の物語を描いた「仮面ライダー THE FIRST」と、ショッカーによる改造人間である仮面ライダーV3が登場する「仮面ライダー THE NEXT」。およそ10年ぶりにメインキャストが顔をそろえたこともあり、座談会収録後の取材でも黄川田、高野、加藤は感慨深げな表情を見せた。

仮面ライダー1号 / 本郷猛役の黄川田は、本シリーズの思い出は何よりも「アクション」だと回答。「苦手と思い込んだまま(撮影に)入ってしまって、ただただやるしかなかった。でも監督たちが信じてくれたことがうれしくて、いまだにそのシーンを観ると10年前にタイムスリップします」と思いを吐露する。また仮面ライダー2号 / 一文字隼人役の高野はシリーズについて「キャストやスタッフがこのために集まり、実験的なことをして、苦労して作り出した本気が詰まっている」と胸を張り、「仮面ライダー THE NEXT」での2号の吐血などを印象的なシーンとして挙げた。

仮面ライダーV3 / 風見志郎役の加藤は「この世で1着だけの自分のサイズのライダースーツを作り、それを着てアクションできたのがうれしかった」と、テレビシリーズ「仮面ライダーカブト」も含めて回想。そしてライダースーツを見やり、「もし仮に続きをやるとしたら、そのときはまた体作んなきゃな」と笑ってみせる。ライダースーツにまつわる話題では、黄川田が「スーツを着ると精神的にピシッとするし、物理的にも余計な動きが一切できず、ほわっとした動きができなくなる。スーツに『ここで止まれ』と言われているようで助かった部分もあります」と、アクションの身振りを機敏に再現しながら説明する場面も。

横山と田崎はそんな3人に対して「みんな変わってないと思いつつ、いい大人になったなと思う」「成長してるなと。その分こっちは衰えてないか心配だよ」と口々にコメント。さらに横山は「桜を見ると『FIRST』を思い出す」と述べて「仮面ライダー THE FIRST」冒頭の桜並木のシーンを振り返る。田崎は2013年に逝去した「仮面ライダー THE FIRST」の監督・長石多可男をしのび、「自分よりも作品が長生きしたらうれしい。長石さんもきっと喜んでいる」と同作がBlu-rayとしてよみがえることを祝した。

東映東京撮影所で過ごした時間は、キャストの3人とも特別なものだったと口をそろえ、高野は「ほかのドラマとかで撮影に来るのと『ライダー』のために来るのとでは違う気持ちがあります」と思い入れの深さを表現。加藤は「やっぱり遠いなと」と本音をこぼして一同を笑わせたが、「それも含めて母校に帰ってきたような思いです」と喜びをにじませた。

仮面ライダーTHE FIRST & NEXT Blu-ray

2016年8月3日(水)発売
価格:1万3500円
発売元:東映ビデオ
販売元:東映

映画ナタリーをフォロー