リドリー・スコットが「オデッセイ」脚本家ドリュー・ゴダードと再タッグ

37

リドリー・スコットが「オデッセイ」で脚本を担当したドリュー・ゴダードと再びタッグを組み、S・クレイグ・ザーラーの小説「Wraiths of the Broken Land(原題)」を映画化するとThe Playlistなどが報じた。

リドリー・スコット

リドリー・スコット

大きなサイズで見る

「Wraiths of the Broken Land」は映画監督、撮影監督、脚本家、ミュージシャンでもあるザーラーが2013年に発表した西部小説。売春組織に誘拐された姉妹を取り戻そうとする男たちが直面する、暴力と恐怖に満ちた世界を描く。

なおスコットは現在「プロメテウス」の続編「エイリアン:コヴナント(原題)」の撮影中。ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める「ブレードランナー」の続編やニール・ブロムカンプがメガホンを取る「エイリアン」の新作ではプロデューサーを務めることになっており、多忙を極めている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

リドリー・スコットのほかの記事

関連商品

(写真提供:Landmark Media Landmark Media / Newscom / ゼータ イメージ)

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 リドリー・スコット / ドリュー・ゴダード の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。