映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

トム・ハーディ×2、「レジェンド」の双子ギャング2ショット写真が新たに公開

148

「レジェンド 狂気の美学」の新たな劇中カット。

「レジェンド 狂気の美学」の新たな劇中カット。

トム・ハーディ主演作「レジェンド 狂気の美学」の新たな劇中カットが公開された。

1960年代にロンドンで暗躍した伝説の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた本作。劇中ではハーディがレジナルド&ロナルド・クレイの2役を演じ分けた。共演はエミリー・ブラウニングタロン・エガートンら。

このたび公開された写真は全部で7枚。神妙な顔つきで車の後部座席に座っているカットを筆頭に、レジナルドとロナルドのさまざまな姿が切り取られている。なおハーディは、クレイ兄弟が同時に登場するシーンでは先に撮り終えた役のセリフを録音しておき、その声をイヤホンで聴きながらもう一方の役を演じていたという。

監督のブライアン・ヘルゲランドは、撮影時を振り返り「トムはロナルドとして現れるなり僕の肩に手を回して、ロナルドを演じているときの独特の声で『さあ何をする? カメラはどこだ?』と聞いてくるんだ。何から始めるか簡単に伝えると、ロナルドは何も質問してこなかった。ところが、レジナルドのときは慎重で静かで、何をどう撮影していくか、細かい説明を求めてくるんだ。本人たちの個性が完全にカメラが回っていないところでも乗り移っていた。トムは、そんな自分自身の違いに気が付いていなかったと思うよ」とコメントしている。

「レジェンド 狂気の美学」は6月18日より全国ロードショー。

(c)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー