映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

内田理央、「血まみれスケバンチェーンソー」舞台挨拶で山地まりとのキスシーン回想

138

「血まみれスケバンチェーンソー」舞台挨拶の様子。左から山口ヒロキ、山地まり、内田理央、佐藤聖羅、玉城裕規。

「血まみれスケバンチェーンソー」舞台挨拶の様子。左から山口ヒロキ、山地まり、内田理央、佐藤聖羅、玉城裕規。

3月6日、「血まみれスケバンチェーンソー」の舞台挨拶が東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、キャストの内田理央山地まり佐藤聖羅玉城裕規、監督の山口ヒロキが登壇した。

出演者は劇中の衣装を着て登場。チェーンソーを武器とするスケバン・鋸村ギーコを演じた内田は来場者からの「ギーコ!」という声に「ありがとうございます!」と応える。ギーコの同級生であるマッドサイエンティスト・碧井ネロ役の山地は「皆さん、本日はお越しいただき誠にありがとうございます。碧井ネロです」と役になりきってコメントしたあと、素の状態で改めて挨拶。もともとは女学生だったがネロに改造され性別を変えられた怨憎を演じた玉城は、「役になりきって自己紹介をしてほしいと言われてたんですが、最初の内田さんが素だったので『あれ?』と思って。でも山地さんは役になりきってるし、佐藤さんは素だからどうすればいいのかと思って、結果、自分も素でいってます」と話し、笑いを誘った。

内田は山地とのキスシーンについて、「めっちゃリップ塗っとかなきゃとか、歯磨きしなきゃって思ってたけど、時間がなかったから唇がカッサカサで」と回想。山地が「理央ちゃんはこう言ってますけど、近くで見るともうプルプル。上唇のホクロが色っぽいなーと思いながら見てた」と言うと、内田は「なんか照れちゃう!」とはにかんだ。また、山口から「長くエロく」と指示されたキスについて、山地は「理央ちゃんは本当に長くエロくキスしてきて……(笑)。私は笑っちゃってNGを出しちゃいました」と振り返った。

股間からミサイルを撃つ爆谷さゆりを演じた佐藤は、「マネージャーさんからお話を聞いたとき、すぐに『はい』とは言えなくて(笑)、原作を読みました。映画は初出演だし不安しかなかったんですけど、仕上がりはめちゃめちゃカッコよくて自分に惚れ惚れしました」と自信を見せ、「すごい勢いでミサイルを発射するシーンがあるんですけど、撮影現場ではM字開脚でひたすら腰を振っているだけなんです」と語る。

劇中で女装を披露する玉城は、「『スカートをはくんだろうな』と思って、内田さんぐらいのスカート丈を想像して脚の毛を剃ったんです。でも出てきた衣装は山地さんのスカートみたいな長い丈で」と苦笑い。さらに、自身のアドリブに山口が反応せず「OKなんだ」と思っていたところ、完成した作品では完全にカットされていたことを明かして爆笑をさらった。

最後に内田は、「ポップでおバカな青春スプラッタームービーですが、『少数派の人たちがんばれ!』という裏テーマも持っていますから、そこに共感してくださる方がいらっしゃるといいなと思います」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「血まみれスケバンチェーンソー」は全国で公開中。

(c)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

映画ナタリーをフォロー