映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ディカプリオが父親役でオスカー狙う「レヴェナント」、親子の絆捉えたポスター到着

57

レオナルド・ディカプリオが主演、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務めた「レヴェナント:蘇えりし者」の最新ポスタービジュアルが到着した。

本作は19世紀のアメリカ西部を舞台に、クマに喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラスが、自分を置き去りにし息子を殺した男へ復讐を果たそうとする姿を描く。

第87回アカデミー賞にて「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で4冠に輝いたイニャリトゥは、「父と息子の愛を丁寧に描いた。それが本作の核となっている」と語る。その言葉の通り、このたび到着したポスターには小さな息子を愛おしそうに抱くグラスの姿が。またYouTubeで公開中の最新予告編では、彼が「息子を殺した奴らに絶対に復讐する」と強い信念を抱く様子が映し出されている。

本作にてゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞など数々の映画賞主演男優賞を受賞したディカプリオ。第88回アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされており、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「ブラッド・ダイヤモンド」「アビエイター」「ギルバート・グレイプ」で4度オスカーノミネート経験があるものの未だ無冠である彼にとって悲願の受賞を目指す。そんなディカプリオは本作での役柄について「父と息子の絆は、とても強い力で彼を突き動かす」「追求したのは、生き残ろうとする本能の一番奥にあるものを見つけ出すことだった」とコメントしている。

「レヴェナント:蘇えりし者」は、4月22日より東京・TOHOシネマズ 日劇ほかで全国ロードショー。なお第88回アカデミー賞授賞式は、日本時間2月29日に開催される。

(c)2016 Twentieth Century Fox

映画ナタリーをフォロー