映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

新堂冬樹の小説「W~二つの顔を持つ女たち~」が映画化、元AKB48・加弥乃ら出演

21

小説誌「読楽」にて連載中の新堂冬樹による同名小説を映画化した「W~二つの顔を持つ女たち~」が、12月に公開される。

本作は、女性探偵事務所という裏の顔を持つ六本木のガールズバー「W Lounge」のメンバーと女子大生・蕾が、悪の組織に立ち向かう物語。出演は、元AKB48初期メンバーの加弥乃のほか、梅本静香多岐川華子、桜のどか、岸明日香森下悠里ら。蕾たちが追う女子大生失踪事件の鍵を握るベンチャー起業家に金子昇、W Loungeのメンバーたちを陰ながら支える六本木のドン役に高知東生が扮する。監督は、本作で長編映画デビューを飾る藤田真一。また、加弥乃、梅本、多岐川、桜、岸、森下のコーラスをフィーチャーした主題歌「ROPPONGI DREAM ~W REMIX~」のリミックスを、ヒップホップアーティスト・TOMOROが担当している。

映画「W~二つの顔を持つ女たち~」は、12月12日より東京の池袋シネマ・ロサほかで全国順次公開。

映画ナタリーをフォロー