映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「BORUTO」完成披露、ボルト役・三瓶由布子が岸本斉史に続編をリクエスト

40

「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」舞台挨拶の様子。原作者の岸本斉史と声のキャスト、主題歌を担当したKANA-BOON。

「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」舞台挨拶の様子。原作者の岸本斉史と声のキャスト、主題歌を担当したKANA-BOON。

本日7月28日、「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」の完成披露試写会および舞台挨拶が東京・イイノホールにて行われ、声優の三瓶由布子、菊池こころ、竹内順子杉山紀彰小野賢章浪川大輔と原作者の岸本斉史が登壇した。

岸本は本作について「この映画のために連載以上に力を注ぎ込みました。自分で言うのもあれですが完璧です。『NARUTO』に出てくるお決まりのセリフも取り入れているので、ファンの方にも喜んでもらえると思います」と自信たっぷりに語る。

主人公ボルト役を務めた三瓶は「(ボルトの)映画が製作されると聞いたとき、いちファンとしてすごく楽しみでした。でも実際ボルトを演じることになって、その期待が自分に向けられるかと思うと、大変な緊張で最初は眠れませんでした……」と、起用が決まったときの心境を明かした。また三瓶は「この映画は観たら続きが気になる映画です!」と岸本へ続編をリクエスト。すると岸本は「無理です……。もう、もう休ませてください(笑)」と本音を吐露し、観客の笑いを誘った。

テレビシリーズの開始時からナルトの声を務めてきた竹内は「ボルトとサラダという次の世代が出てきて、ナルトとサスケは喧嘩ばかりではない関係になってるじゃない?」と、同じく長年サスケの声を担当してきた杉山に向けて言う。杉山は「(キャラクター同士の)関係性や距離感、会話をしているときの表情やニュアンスも変わってきているので、その辺りもぜひ楽しんでほしいです」と、同シリーズのファンへメッセージを贈る。

そして舞台挨拶の終盤には、本作の主題歌「ダイバー」を手がけたロックバンドKANA-BOONが登場。同曲を披露し、観客をおおいに盛り上げた。

「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」は、8月7日より全国でロードショー。なおコミックナタリーでは、「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」のソフト化を記念して行ったナルト役の竹内へのインタビューを公開している。

映画ナタリーをフォロー