黒海に眠る金塊は誰の手に、ジュード・ロウ主演の海洋サスペンス「ブラック・シー」

214

ジュード・ロウが潜水艦の艦長役で主演を務めた、「ブラック・シー」の日本公開が決定した。

「ブラック・シー」 (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

「ブラック・シー」 (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

大きなサイズで見る(全4件)

「ブラック・シー」ポスタービジュアル (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

「ブラック・シー」ポスタービジュアル (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.[拡大]

本作は、「ラストキング・オブ・スコットランド」のケヴィン・マクドナルドがメガホンを取った海洋サスペンス。黒海に眠る金塊を巡って対立する潜水艦乗組員たちの死闘を描く。キャストはロウのほか、「モンスターズ/地球外生命体」のスクート・マクネイリー、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」のベン・メンデルソーンら。

「ブラック・シー」 (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

「ブラック・シー」 (c)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.[拡大]

主人公のロビンソンを演じたロウは、「昔からある潜水艦映画の要素がすべて詰まった緊迫感あふれる冒険物語なんだ。始終顔をつきあわせている乗組員たちは、次第にジレンマに陥っていく。それから、疑問が湧いてくるのさ。いったい、誰が生き残るんだろう? ハードな仕事をこなす男たちは現実社会から見放されているが、なんとか挽回し、権力者に立ち向かいたいと思っているんだ」と話す。

一方マクドナルドは「『恐怖の報酬』『黄金』で描かれているテーマが、我々が語りたかったストーリーの中心的アイデアだよ。つまり、財宝探しをするうちにとり憑かれる人間の狂気さ」と説明。さらに「『ブラック・シー』は昔ながらの冒険物語で、登場人物たちの設定が大きな要素を占めている。今の時代、潜水艦を舞台にした映画には、人間同士の衝突、つまり反乱の発生が必要不可欠なんだ」と続け、本作の醍醐味を語っている。

「ブラック・シー」は8月15日より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国で公開。

この記事の画像(全4件)

関連記事

ジュード・ロウのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 恐怖の報酬(1953年) / ラストキング・オブ・スコットランド / モンスターズ/地球外生命体 / プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 / ジュード・ロウ / ケヴィン・マクドナルド / スクート・マクネイリー / ベン・メンデルソーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。