映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

テディベアがカーチェイスに挑む「クーキー」予告編、菊池亜希子がコメント

19

「クーキー」 (c)2010 Biograf Jan Svêrák, Phoenix Film investments, Ceská televize a RWE.

「クーキー」 (c)2010 Biograf Jan Svêrák, Phoenix Film investments, Ceská televize a RWE.

チェコの気鋭監督ヤン・スヴェラークがメガホンを取ったパペットアニメーション「クーキー」の予告編がYouTubeにて公開された。

捨てられてしまった“へなちょこ”なテディベアのクーキーが、持ち主である少年のもとに帰るために奮闘する本作。スヴェラークの「とにかく本物らしい作品にしたかったので、撮影も極力本物の自然の中で行うようにしました」というコメントの通り、予告編にはパペット人形たちが実際にゴミ捨て場や森などをちょこちょこと駆け回る姿が切り取られている。また森の住民とのカーチェイスや鎖を使ったアクションシーンなど、クーキーが繰り広げる大冒険の一端も明らかに。

チェコ伝統のマリオネット劇とVFXを組み合わせて制作された「クーキー」。チェコに関するエッセイの執筆なども行っている女優の菊池亜希子は「ずっと一緒だよと約束したあの子といつどうやってお別れしたのか、私は思い出すことが出来ない。クーキーの眩しい未来を見つめながら、私のあの子を思って、ちょこっと泣いた」と本作に対してコメントを寄せている。

「クーキー」は、8月22日より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー。

映画ナタリーをフォロー