有村架純が休日の渋谷をジャック、「ビリギャル」公開記念キャンペーン

58

本日5月2日、「ビリギャル」の公開を記念した舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 渋谷にて行われ、有村架純、監督の土井裕泰が登壇した。

「ビリギャル」のキャンペーンで渋谷スクランブル交差点を背景に笑顔の有村架純 。

「ビリギャル」のキャンペーンで渋谷スクランブル交差点を背景に笑顔の有村架純 。

大きなサイズで見る(全13件)

「ビリギャル」舞台挨拶に登壇した有村架純。

「ビリギャル」舞台挨拶に登壇した有村架純。[拡大]

「ビリギャル」の原作は、坪田信貴によるノンフィクション。学年で最下位の成績だった派手めな女子校生が、猛勉強の末に慶應義塾大学へ合格する過程を描く。

巨大なパルコアラとの対面を果たした有村架純。

巨大なパルコアラとの対面を果たした有村架純。[拡大]

映画公開後の反応について、有村は「満足度や人にオススメしたい度が高いと聞きました。皆さんとても素直に観てくれているみたいでうれしいです」と明るい声で語る。監督の土井は「皆さんから『泣きました』と言われる映画になるとは思っていなかった。悲しい作品ではなく、温かい涙をじんわりと流せる。さやかががんばる姿が、周りの人を少しずつ変えていくというところを観てもらえたら」と作品をアピールした。

タワーレコード渋谷店にてトークショーに出演。左から有村架純、現役タワーレコード店員で歌手のSaku。

タワーレコード渋谷店にてトークショーに出演。左から有村架純、現役タワーレコード店員で歌手のSaku。[拡大]

また、有村演じるさやかがギャル友達と遊ぶシーンについて、撮影時の感想を尋ねられると、有村は「小道具に使ったプリクラは、もう一生分撮ったと思います! クラブには行ったことがなかったので踊り方がわからず戸惑いましたが、なんとなく踊っているうちに楽しくなりました」と笑顔に。

紀伊国屋書店渋谷店にて。左から有村架純、小林さやか。

紀伊国屋書店渋谷店にて。左から有村架純、小林さやか。[拡大]

そして本日の午前中に、有村が渋谷各所を巡り“渋谷ジャック”を敢行していたことが明かされる。渋谷パルコのキャラクター、パルコアラとの対面を果たすことから始まり、タワーレコード渋谷店では現役店員で歌手のSakuとトークショーを開催。次に紀伊國屋書店渋谷店に出向いて「ビリギャル」原作のモデル、小林さやかのサイン会に参加したという。さらに渋谷のスクランブル交差点で記念撮影を行い、最終地点であるTOHOシネマズ 渋谷へ。舞台挨拶に登壇して“渋谷ジャック”の達成を祝った。

最後に観客へのメッセージを求められると、土井は「終盤の安田顕さんの登場シーンはなかなかクセになると思います。ぜひ何度でも観てください!」と客席を笑わせた。有村は「観てくださった方にとって、この映画が家族を思うこと、そして自分を信じることの大切さを知るヒントになればいいなと思います」と真摯に語り、舞台挨拶を締めた。

この記事の画像(全13件)

関連記事

有村架純のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画 ビリギャル / 有村架純 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。