映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

夢二

夢二

ユメジ

解説

「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」に続く鈴木清順の“大正浪漫3部作“の最終章で、大正から昭和にかけて活躍し、美人画などで知られる画家・竹久夢二をモデルにした作品。大正6年、金沢。一人湖畔で恋人・彦乃を待つ夢二。やがて静かな村に不似合いな銃声が鳴り響いてくる。妻を寝取られた男が殺人鬼と化して山に逃げ込んだらしい。毎夜うなされる悪夢が今、夢二に迫る……。そして何を待っていたのか分からない展開。「カポネ大いに泣く」でも同監督と組んだ沢田研二が主人公・夢二を明るく軽やかに演じ、また映画監督の長谷川和彦が殺人鬼に扮し俳優デビューを果たした。あざやかな色彩やシュールな構図など、清順独特の映像美学が圧巻。

2001年5月26日(土)公開 / 上映時間:128分 / 製作:1991年(日本) / 配給:荒戸源次郎事務所

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー